アイマ「ハニートラップ70S」

もはやソルトルアーのみならず、バスやトラウトでもお馴染みのアイマ。 ここのルアーは目がパックマンみたいで特徴的。一目見ればアイマのルアーだなとわかります。

「KomomoSF125」が大ヒットして一躍人気メーカーになったのもだいぶ昔のこと。 今ではラインナップも増えて、ここのルアーだけで一年の釣りが完結できるくらいになりましたね。

f:id:yfktfamille:20160521224754p:plain

今回はアイマのなかでもお気に入りの「ハニートラップ70S」を取り上げてみました。 こいつの特徴は70ミリという小型ながら14グラムというずっしりボディでぶっ飛ぶこと。 それでいながらしっかりとスラロームアクションをする優れものです。 このルアーをカテゴライズするならシンキングペンシルの系統ではなくて、シンキングミノーになるかと思います。 それくらいスローからしっかりしたアクションで魚を誘ってくれます。 リップレス&ズッシリボディでぶっ飛ぶからサーチルアーとして最適ですね。

f:id:yfktfamille:20160521224841p:plain

こうして正面から見るとフツーの形ですが、ベリーあたりの独特なカーブがアクションを生み出す秘訣なんでしょうか。 巻き抵抗もそれなりにあるので、流れを探ることもできます。

f:id:yfktfamille:20160521224910p:plain

これは純正じゃないけど、フックは安心のST46#6が装着されています。 だから大きいのが来ても安心だし、フックアップ率も◎です。

[独断と偏見のルアー評価]

飛距離   ★★★★★(70ミリのプラグとしてはトップクラス)

アクション ★★★★★(ミノー的でいてナチュラルに使える)

デザイン  ★★★★☆(意外とカラーが少ない)

コスパ   ★☆☆☆☆(アイマのルアーはね、高いんだよ)

総合釣獲力 ★★★★☆(高いので無くすのが怖い分、1点減)

まさに港湾サーチルアーといったところ。 初めての釣り場や状況が読めないときに投げることが多いです。

スポンサーリンク
関連記事