ケイテック イージーシェイカー「超スローフォールを実現するタフコン向けルアー」

ケイテックのルアーが好きである。リーズナブルな価格設定に高い品質。大きなプロモーションをしないにも関わらず、長い間支持されていることこそ、モノづくりがしっかりしていることの裏返しと言える。

f:id:yfktfamille:20160803235831j:image

さて、そんなケイテックから今年発売されたイージーシェイカーをそこそこ使いこんでみたので紹介したい。

(荒川三領水門のバスはひねくれすぎて釣れなかったが)

イージーシェイカーの特徴

とにかく柔らかい素材に細かいけど深いリブが入っている。

f:id:yfktfamille:20160803235841j:image

この写真を見てもらえば柔らかさが伺えるだろう。少しの水流やシェイクにも敏感に反応し、ボディをクネクネと震わせるのである。

また、塩などは一切入っておらず、フックを付けないと水面に浮くほど浮力の強い素材が使われている。

メーカー的にはダウンショット専用Iとしているようで、ホームページの推進リグもダウンショットしかない。確かに、特徴を考えるとダウンショットが最も適しているだろう。

でも、あえてこう使っている

ダウンショットはリップラップだらけの荒川三領水門本流側では、シンカーがすぐに挟まって使いにくい。つーか、シンカーついてるもの全般が即根掛かりゾーンではあるが。

よって、私がこれを購入し、実戦投入したのは別の使い方をするためである。それは、ワッキーリグでシャローであってもバスにじっくり見せるためである。前述の通り、水面に浮くほどの浮力を持っているため、ネコリグやワッキーリグ用のフックをつけることによって、非常にゆっくりとしたフォールが可能となる。そして、その柔らかさとリブから、細かなロッド操作にも敏感に反応、バスを誘うことが可能となる。

例えば、水深1メートルより浅いシャローにバスがうろついているとき、高比重ワームではフォールが早すぎて、バスにルアーをあまり見てもらえないことが多々ある。また、着水音が大きくなってしまってバスに警戒されることがある。その点、軽量で超フローフォールができるイージーシェイカーは、着水音が軽量であることから小さく、虫が落ちたかのようなナチュラルな着水が可能となる。そして、浅くてもバスにじっくりとルアーを見せ、中層での微細なアクションで誘うことができるのである。

サイズは3.5、4.5、5.5インチが揃っているが、小さいほど食わせの釣りという上記のような用途に向いているものの、軽いゆえに小さすぎるとキャスタビリティが落ちる。4.5インチをベースとして、自分のメインフィールドに合わせて使い分ければ良い。

ちなみに、荒川の三領水門の見えバスには何度か投入している。ほぼ、なにを投げても釣れない天才バスに対して、ジーっと見てもらうところまでは達成している(笑)

スポンサーリンク