本格派アジングモバイル「テイルウォーク AJIST TZ」

ジャンプで連載中のマンガ「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所 」が連載終了するらしい!

連載期間40年!単行本にして全200巻!どんな世界でも長く支持されるものというのは、普遍的な魅力があるということ。

流行り廃りの激しいルアーフィッシングにおいて、40年という長きに渡り活躍しているルアーで言えば、ラパラのオリジナルフローターやカウントダウンなど、極一部しか存在しない。変わりゆく時代に合わせてマンガを書き続けた作者の秋本氏には脱帽ですね。

テイルウォークよりアジング用パックロッドが登場!

f:id:yfktfamille:20160903213248j:image
テイルウォークが発売しているアジングロッドのなかで一番グレードの高い「AJIST TZ」のラインナップとしてパックロッドモデルが加わった。早速スペックを見てみよう。

型番:MOBILE64/SL

レングス:6.4フィート

継数:5

仕舞寸法:42センチ

重量:81グラム

ルアー:~4グラムまで

ライン:2~4ポンド

価格:33000円

その他:ガイドにトルザイトリング、チタンフレームを使用

6.4フィートという短いレングスでありながら、5ピースになっており、仕舞寸法を重視した設計となっている。仕舞寸法42センチは余裕でカバンに入る短さであり、仕事帰りや出張ついでの釣行でも怪しまれることなくこっそりと持ち運びが出来る。また、重くなりがちなマルチピースでありながら、重量はなんと81グラムと激軽である。

対応するルアーは4グラムまでとめちゃくちゃライトな設計になっている。まさにアジングだけを見据えたスペックと言えるだろう。ガイドもトルザイトリングにチタンフレームと最高級の組み合わせとなっている。

問題は3万円を超える価格。アジングのメインフィールドは電車などをよく使う都市部ではなく、ちょっと田舎のフィールドがメインになると思う。そういったところに行くときは大抵クルマなので、パックロッドの需要があまりないジャンルだと思うが、果たして3万円を超えるロッドが売れるのだろうか。

テイルウォーク(tailwalk) アジスト トルザイト mobile 64/SL 16850

テイルウォーク(tailwalk) アジスト トルザイト mobile 64/SL 16850

スポンサーリンク