広告

Amazonリンクの8月実績「今、注目されてるパックロッドとは!?」

このブログでは、アマゾンアソシエイトを導入しており、管理画面よりクリック数が確認できる。考えてみれば、このクリック数はどのパックロッドが注目されているのかを計るためのデータと言えるのではなかろうかと思い、今回の企画を思い立った。

収支報告をしているブログは数あれど、クリック数を報告しているブログはあまりない(もしかして規約違反?)

というわけで、パックロッドに特化したブログだからこそできる注目ランキング!是非ともパックロッド選びの指標にしていただければ幸いである。

ちなみに8月の月間PVはだいたい13000くらい。

5位 40クリック「アルファタックル(alpha tackle) TRGR TIP・TOP C636ML 69063」

これは最安ベイトフィネス対応パックロッドとして紹介したロッド。MLパワーであるものの、釣具屋で現物を確認した限り、Lパワーと思って差し支えないロッドであった。リーズナブルでありながら、充分に使える仕様が魅力のTRGRシリーズ。サブロッドとして導入するにはピッタリである。

アルファタックル(alpha tackle) TRGR TIP・TOP C636ML 69063

4位 41クリック「ダイワ(Daiwa) ロッド 月下美人MX アジング M62L-S・K」

今年の7月に発売になった新パックロッドがランクイン。やはりダイワという大手メーカーのネームバリューと新製品であることが要因か。高すぎないけど、本格的にも使える仕様&価格設定が魅力。これはマルチピースであり、夜間の釣りが多いアジングにおいても、テレスコピックにありがちなガイドが回って絡むといったトラブルもない。また、5ピースのため、カバンに余裕で忍ばせられる仕舞寸法など、パックロッドの基本を押さえている。

ダイワ(Daiwa) ロッド 月下美人MX アジング M62L-S・K

3位 51クリック「ダイワ(Daiwa) ロッド 月下美人MX M72L-S・K」

4位にランクインした月下美人のメバル向けバージョン。アジング版よりも長く、ファストすぎない調子であり、より多くのソルトライトゲームに対応できる。

ダイワ(Daiwa) ロッド 月下美人MX M72L-S・K

2位 53クリック「Abu Garcia(アブ・ガルシア) ロッド ワールドモンスター WMCC-654M MGS」

2位にランクインしたのは、アブガルシアより発売された海外の怪魚向けロッド。こういうコンセプトのロッドは総じて高額であるが、これは比較的リーズナブルで、そんな頻繁に海外の怪魚釣りなんて行けねーよって人にもおすすめできる。というか、海外の怪魚釣りなんて、一般の人は人生のうち多くても数回じゃなかろうか。国内においては、ライギョやナマズゲームに流用できそうだ。

Abu Garcia(アブ・ガルシア) ロッド ワールドモンスター WMCC-654M MGS

1位 55クリック「TICT(ティクト) ロッド b4[ビーフォー] BFO-510S-5P」

まさか…である。これは月下美人のパックロッドを紹介した際に、ほかのアジング用パックロッドとして紹介したものであるが、情報が少ないのか、最もクリック数が多かった。たぶん、このロッドの存在を知らなかった人も多いのではなかろうか。ティクト自体が小さなメーカーなので、必然的にメディアに露出する機会も少なく、アジングをやりこんでいる人でなければ、このメーカーのロッドを使っている人はいないと思う。それくらいアジングに特化したメーカー。いずれにしても、予想外だった。まだまだニーズを読む力が足りないなぁと思わされた次第でございます。

TICT(ティクト) ロッド b4[ビーフォー] BFO-510S-5P

以上、注目のパックロッドランキングでした。8月実績なので、新しい記事ほどアクセスが多く、必然的にクリック数が多くなる傾向にあるが、まぁ指標として見てほしい。

付け加えると、これらロッドたちがクリックをいただいて、そのまま売れることはほぼない。多いのは、紹介したもの以外の釣り具、次いで釣りとは全く関係のないもの、そして紹介したパックロッドがほんの少しだけ当ブログを通じて購入されている。なぜか赤ちゃんのおむつ用のゴミ箱が購入されていたり、なんともどこで繋がるのか分からない世界である。