最強のパックロッドアングラーバックパック「ノースフェイス プロヒューズボックス」

アングラーの皆様、釣具の運搬にはどのようなバッグを使っていますか?

やりこんでる感アリアリのフィッシングベスト。

オカッパリ機動力重視ヒップバッグ。

機動力と容量のクロスポイント、ショルダーバッグ。

スタイルによって色々あると思いますが、パックロッドを使うアングラーは基本的に電車やチャリでの釣行となるため、大荷物を運ばなければなりません。

そんな折、理想ともいえるバッグと出会いました。私の必要と思っていた要素をすべて兼ね揃えたバッグが、今回紹介するバックパック「プロヒューズボックス」です。

f:id:yfktfamille:20170213230711j:image

私がバッグに求めた要素

  • パックロッドを含めて運搬できる容量であること
  • 荷物が重くなるので、身体への負担が少ないよう工夫されているもの
  • 藪こぎなど、ヘビーユースにも耐えられるよう耐久性に優れていること
  • 突然の天候悪化にも対応できるよう耐水性に優れていること
  • アウトドアからビジネスユースまで幅広く対応できるデザインであること

以上である。これがなかなか良いものがなかった。容量はある程度大きいものをチョイスすれば解決できるので問題はない。ただ、釣り用だと耐久性や耐水性はある程度あるのだが、ビジネスユースに耐えられるデザインがなかったのである。

それらを解決したのがアウトドアブランドのノースフェイスであり、プロヒューズボックスだったのだ。ここから先はプロヒューズボックスの良いところを見ていきたい。

スポンサーリンク

大容量!それでありながら出し入れがしやすい。

f:id:yfktfamille:20170213230732j:image

ご覧の通りプロヒューズボックスはなかなかの大きさがある。容量はなんと30リットルもあり、2泊3日くらいの出張や旅行にだって使える。また、開口部は上面がまるまる開くため、物の出し入れもしやすいのである。

少し大きすぎると感じる人もいるかもしれないが、想定されるシチュエーションに対応しようと思ったら、これくらい必要なんですよ。

例えばシーバスフィッシング。ロッドやリール、ルアーに加えてタモとシャフトも必要になる。更に釣り場で飲み物を買ったりするので、全部入れるとかなり満杯になるんよね。

例えばアフターファイブフィッシング。先述のシーバスフィッシングセットに加えて、スーツで釣りをする訳にはいかないから、簡単な上着が必要になる。寒い時期なら、しっかりした上着が必要になる。そうすると30リットルなんて足りないくらいだ。

背負い心地よし!

f:id:yfktfamille:20170213230757j:image

そもそもアウトドアで大荷物を運んで登山することを想定しているわけだから、身体への負担も少ないように工夫されている。

まず、背負った時に背中と接する面がフィットするよう造形がされており、かつムレないように中央部分を窪ませて隙間が開くようになっている。

また、背負ったときに肩がムレないよう、メッシュ状になっている。メッシュだからといって破れる心配がないくらい、丈夫な素材が使われている。

背負ってみれば分かるがフィット感が良く、とても背負いやすい。接触面が硬めの素材で作られているため内容物が背中に当たって痛くなるといった心配もない。

耐久性バツグンだし、バッチリ耐水仕様!そこはノースフェイスだしね。

ご覧の通り、差し色さえない真っ黒である。だからどんな服装にも無難に合わせられるのだ。ノースフェイスのロゴもちっちゃく入っているだけ。

※特徴的な外見から、すぐにノースフェイスって分かるけどね。

実際に釣り具を詰めてみる

さて、もはやゾッコンのプロヒューズボックスですが、実際に釣具を詰めてみましょう。

とりあえずフル装備を想定して、、、

f:id:yfktfamille:20170213230820j:image

ロッド、リール、ルアー、小物類、、、

f:id:yfktfamille:20170213230838j:image

はい、すべて入りました!ロッドケースに、さらにタモシャフトを入れて、タモの網部分も十分に入るスペースがあるから、タモセットだって持ち歩ける。

そこまで入れても、さらに薄手の上着くらいなら入れられるスペースがある。

なお、ロッドはハードケースに入れなくて良ければ、仕舞寸法55cmくらいまではスッポリ収納可能である。保護のためにロッド袋などに収納し、斜めに入れれば良い。

f:id:yfktfamille:20170213230847j:image

サイドのベルトとペットボトルハンガーを利用すれば、このような運搬も可能だ。

こうすることで、カサバるロッドの分のスペースを空けることができ、さらに大荷物を運搬可能になる。

見た目が気になるなら、ハードケースをスリムな図面ケースで代用すれば良い。

f:id:yfktfamille:20170213230855j:image

背面にはカラビナなどをつけることができる。釣りにおいては、それほど用途はないかもしれないが、例えば現場でよく使う小物類を引っ掛けておくことで、カバンの中を漁る手間が省ける。

個人的には、今まで出会ったバッグのなかで、一番理想に近いバッグである。ノースフェイスだから、町中でもちょっとオシャレ感があるし、コスパも良好だ。

同じ仕様のバッグが釣り具メーカーから出ていたら、同じ値段では買えないだろう。

全部がすっぽり入るから、例えば電車釣行の帰りにショッピングをしたり、一杯飲んでいこうか、なんてときも見た目を気にすることなく行動できる。

釣りをより傍らに置いておけるバックパック、、、なんて言ったら大げさだろうか。

こちらはよりカジュアルテイストで、少し安い「BCヒューズボックス」。私はビジネスシーンでも使いたかったので「プロヒューズボックス」をチョイスしたが、機能的にはほぼ変わらないので、お好みでどうぞ。

サイドのペットボトルホルダーがないため、ロッドを外付け運搬はできない。その点だけ注意してほしい。

ちなみに「BC」は「ベースキャンプ」の略だそうだ。

スポンサーリンク
関連記事