「ジャッカル デラクー」扱いやすいバス用スピンテールジグ

f:id:yfktfamille:20170311234328j:image

国内人気メーカー「ジャッカル」の中でも人気のルアー「デラクー」。

このルアーはテールスピンジグという種類となるが、昔からある種類ではあるものの、国内においてはそれほど人気のあるジャンルではなかった。

しかし、数年前からメタルバイブと並んで、低水温期の特効ルアーとして脚光を浴び、今では定着した感のあるジャンルである。

そのテールスピンジグのなかでも、たぶん一番人気だろうと思われるのが、今回紹介する「デラクー」である。使ってみたら、確かに使いやすい良ルアーでした。

ブレードのレスポンスが良い!

こういうしっかりアクションするメタル系のルアーは、総じて引き重りがするものである。

だから、扱うロッドもある程度パワーのあるものが必要となるのだが、デラクーの1/4オンスは、ライトロッドでも無理なく扱うことができる。つまりは引き重りが少ないってこと。

実際、私がバス釣りに使っているのは、トラウトベイトロッドであるメジャークラフトの「ファインテール トレッキング&トラベラーFTT-B524UL」であるが、リフト&フォール等の操作に不便はなかった。

さすがにフッキングパワーはもう少し欲しいなと思うが、それはこのルアーに限った話ではないからね。

引き重りの少ない秘密はレスポンスの良いブレードにある。ブルブルと大きな振動ではなく、細かい振動を起こすために抵抗が少ないのである。それでありながら、わずかな抵抗で回転するレスポンスの良いブレードを備えている。

実際、フォールスピードの遅い1/4オンスモデルでもしっかりブレードが回転し、絶えずアピールを続けてくれる。

 

スポンサーリンク

パイロットルアーとして

メタル系ルアーなので、良く飛んでくれる。

空中においてもブレードが多少抵抗となるものの、スピナーベイトと比べれば全然マシで、狙ったところにスパッと入ってくれる。

また、表層からボトムまでオールレンジ対応だから、本当に幅広く探ることができる。

このあたりの対応幅はすべてのルアーのなかでトップクラスではないだろうか。基本的にはスローに探るよりもテンポ良く、活性の高い個体を探しながら使うルアーだろう。

リアクション効果も期待できるから、どうしても釣れないときに投入してみるのも良いかもしれない。

 

 

バス用のテールスピンジグとしては、これまで使ってきたなかで最も扱いやすいと感じている

使い心地もカラーも不満はないが、総じてロスト率の高いジャンルのルアーなので、もっと安くならないかなぁと思う。

定価でせめて600円くらいになってくれれば、超優良ルアーになれるよ、貧乏人の私のなかでは。

JACKALL(ジャッカル) ルアー デラクー 1/4oz ブルーバックチャート

JACKALL(ジャッカル) ルアー デラクー 1/4oz ブルーバックチャート

スポンサーリンク
関連記事