魚種別パックロッド特集!アジ・メバル編

魚種別パックロッド特集第2弾は、アジングとメバリング編をお送りいたします。もちろん、ここで紹介するロッドは、ライトゲーム全般に使えるので、カマスやメッキはもちろん、ショートレングスのものはバスやトラウトにも応用できます。

アジング・メバリング向けのパックロッドとしての条件は、

  1. 仕舞寸法が70cm以下
  2. 6~8フィートの範囲
  3. 1~3グラムといった軽量ルアーを扱える

以上を備えていることです。

第1弾のシーバスパックロッドと同様に、廃盤であったり、Amazonや楽天市場で在庫の確認できないものは、実質的に購入が難しいので省いています。また、参考にしている価格は、定価ではなく実勢価格です。

これは以前に使っていた7000円で買ったメバリング向けのパックロッド。安物でも十分に成り立つのがライトゲームの良いところ。

ローエンド(1万円以下)

 

トラギアティップトップ(エイテック)

参考価格:6000円~8000円

タイプ:テレスコピック

豊富なラインナップを誇るトラギアシリーズは、もちろんアジングやメバリング向けのモデルもあります。

末尾がULやLのものから、自分にあった長さをチョイスしてください。ULモデルは、ソリッドティップのように先端だけ良く曲がるのではなく、ベリーのあたりから曲がる胴調子(パラボリックアクション)です。そのため、繊細なアタリを取って掛けていくアジングよりも、バイトを乗せるイメージのメバリングにより向いていると言えますね。

 

DEVIDEアジ、メバル(ティガ)

参考価格:5000円~6000円

タイプ:マルチピース

こちらも、シーバスのときも紹介したシリーズです。

対象とする魚が大きくはないので、強度にこだわる必要ない分だけ安物も使いやすいかもしれません。このシリーズはガイドが安っぽいのがネックですね。トラギアなどは安くても信頼の富士工業社製のものを使っていますが、これはメーカー不明のパーツですので。

 

 

スポンサーリンク

ミドルローエンド(1万~2万円)

 

モバイルパック 615TLS(ダイワ)

参考価格:10000円~11000円

タイプ:テレスコピック

アジング向けに作られたパックロッドというわけではないので、ちょっとティップに繊細さが足りないかもしれません。専用ではないけど使えるかなといったところですかね。バス釣りには良いと思うので、バス釣りの比重が大きいけど兼用するなら・・・といった感じです。

 

アーバンフィッシング フォースロックFL-644UL(ナチュラム)

参考価格:11000円~12000円

タイプ:マルチピース

アウトドアECサイトのナチュラムがつくるオリジナルパックロッド。

選択肢の少ないアジング・メバリングパックロッドにおいて、ほど良い性能と価格を兼ね揃えた貴重なロッドです。ガイドはコストを抑えるためにアルコナイトリングを採用していますが、それほど大物を釣るようなロッドではないので、実用上は全く問題ありません。

ちなみに、ナチュラムがメジャークラフトにOEMしているロッドなので、デザインや使用感はメジャークラフトをイメージしてもらえると良いかも。

 

月下美人MX(ダイワ)

参考価格18000円~19000円

タイプ:マルチピース

アジング向けとメバリング向け、それぞれ1機種ずつあります。

やっぱりね、ダイワは良いと思いますよ。国内釣り具最大手ということやパックロッドも魚種を問わずに定期的に発売してくれるので、開発ノウハウという安心感もありますしね。

これは高すぎず安すぎず、満足できるけど手も出しやすい価格帯で、5ピース故に持ち運び性能も高いです。性能的にもハイフレームのKガイドを搭載するなど、とりあえず不満はないんじゃないかなと思いますね。短いほうのアジングモデルはバスやトラウトにも使いやすそうなので、兼用するのもおススメですね。

 

 

ミドルエンド(2万~3万)

 

アジストTZ MOBILE 64/SL(テイルウォーク)

参考価格:26000円~27000円

タイプ:マルチピース

ガイドのリングに、あのSICリングよりも上位に位置するトルザイトリングを使用していて、アジング向けパックロッドとしては最高峰の性能を誇ります。6.4フィートとショートレングスでありながら5ピースとすることで、仕舞寸法42センチを実現しているため、カバンにスッポリと入れて持ち運べるのもポイントですね。

エイテック テイルウォーク アジストTZ 64/SL モバイル

ハイエンド(3万円以上)

アジ・メバル向けのパックロッドとして、ハイエンドなモデルは現在登場しておりません。そこまで強度が必要な釣りでもないし、正直2万円クラスでも性能としては十分だと思います。

メーカーとしても、そのあたりを察しているんでしょうかね。もし、ハイエンドモデルが発売されたら、そのときは当ブログでも大々的に紹介したいなと思います。

 

スポンサーリンク
関連記事