広告

モアザンモバイルに10フィートモデルが追加!

久しぶりにダイワのホームページを覗いてみたら、ななななんとモアザンモバイルに7月から新モデルが追加になるということじゃありませんか(°口°๑)
しかもマルチピースのパックロッドとしては最長クラスの10フィートみたいです。

いやいや攻めてきましたね、ダイワさん。早速、シーバスパックロッドの最高峰である、モアザンモバイルの追加モデルを見ていきましょう。

画像はダイワHPより転載

ショアジギングやロックショアシーバスゲームまで視野に入れるパワーモデル

【スペック】

モデル名:100ML/MS-5(スピニング)

レングス:3.05m(約10フィート)

仕舞寸法:67センチ

自重:182グラム

先径:1.8ミリ

元径:12.9ミリ

ルアー:7-40グラム

ライン:8-16ポンド(ナイロン)、0.8-2.0号(PE)

カーボン含有率:97%

メーカー希望価格:62000円

※7月発売予定

御覧の通り、10フィートという長さに伴って、それなりのパワーモデルとなっています。このクラスならライトショアジギングにも対応できるし、サーフや磯などのフィールドでも十分な長さですね。

この長さにもなると、2ピースでは車に乗せにくかったりするが、小さくたためる5ピースなら問題なし。

下車してから悪路を歩く可能性のある地磯においても、小さくたためるから移動がしやすい。

バックにスッポリとはいかないけど、持って電車に乗っても運搬しやすいから、ちょっとした遠征にも対応できる。

ロングレングスであっても、モバイル仕様の恩恵はいっぱいありますね。

なんでAGS(エアガイドシステム)を搭載しないんだ!?

なぜモアザンにはAGSが搭載されているのに、モバイルモデルには通常のKガイドしか搭載しないのか。AGSこそ、ダイワ特有の技術でダイワロッドを使う理由となるじゃないか(一部、他社ロッドにも搭載されてますが)

ワンランク下がるダイワのシーバス向けモバイルモデル「ソルティストMBSB」にしても、今回のモアザンモバイルにしても、多少パワーを持たせている傾向にあるけど、7~8フィートくらいの5ピースでライトパワーくらいのロッドが欲しいなあと思いますね。モバイルロッドのメインフィールドである、都市部でのシーバスフィッシングに特化したロッドです。

今、愛用している2代目モアザンモバイルこと765MLX-5のようなスペックでAGS搭載となれば、私は即バイトするでしょう。

というわけで、ダイワさん、期待してまっせ!