スポンサーリンク

【パックロッド】アジング、メバル、メッキ、カマスにオススメのロッド特集!【バス、トラウト流用可】

当ブログでもよくご覧いただいているのが魚種別パックロッド特集です。

この記事はアジやメバル、メッキ、カマスといったソルトライトゲームに対応するロッドたちを紹介します。さらにショートレングスのものはバスやトラウトにも応用できます。

廃盤であったり、Amazonや楽天市場で在庫の確認できないものは、実質的に購入が難しいので省いています。

ソルトライトゲームは手軽さが魅力です。

 

ローエンド(1万円以下)

相手が小さな魚であれば、このクラスでも十分に釣りが成立します。ただし、初期不良などが多い価格帯でもあるので、いきなり遠征などの大事な釣りに持っていくのはやめましょう。

まずは近場でテストして問題がないことを確かめることをオススメします。

初期不良さえなければ、ロッドは機械ではないので故障もないし、意外と長く付き合えるものです。釣りは残酷なもので、高価な道具を使ったからといって良く釣れるものではありませんし、使用感に満足できるのなら“全然アリ”なのがローエンドのロッドたちです。

 

トラギアティップトップ(エイテック)

タイプ:テレスコピック

機種 長さ 継数 仕舞寸法 自重 ルアー重量 ライン PEライン 希望価格 その他の対応魚種
S606UL 6ft 6 38cm 77g 2-5g MAX8lb 9500円 エリアトラウト
S766UL 7.6ft 6 46cm 90g 2-5g MAX8lb 10000円 メッキ、カマス
S606L 6ft 6 38cm 84g 3-10g MAX12lb 9500円 バス
S666L 6.6ft 6 40cm 90g 3-10g MAX12lb 10000円 バス
S706L 7.0ft 6 43cm 97g 3-10g MAX12lb 11000円 バス、メッキ、カマス

豊富なラインナップを誇るトラギアシリーズは、もちろんアジングやメバリング向けのモデルもあります。

末尾がULやLのものから、自分にあった長さをチョイスしてください。

UL(ウルトラライト)は、ソリッドティップのように先端だけ良く曲がるのではなく、ベリーのあたりから曲がる胴調子(パラボリックアクション)です。適度に使いやすいシャッキリ感があるのはL(ライト)となりますので、いろいろな釣りに使いやすいという点でLがオススメです。

created by Rinker
アルファタックル(alpha tackle)
¥8,470 (2021/04/15 00:01:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

DEVIDE(solfiesta)

タイプ:ジョイント

機種 長さ 継数 仕舞寸法 自重 ルアー重量 ライン PEライン 希望価格 その他の対応魚種
AJI 2.04m 5 44cm 111g MAX10g 2-8lb OPEN エリアトラウト
MEBARU 2.28m 5 49cm 115g 1-7g OPEN メッキ、カマス

メーカー的にもあまり実績というか名前の通っていない安物です。

対象とする魚が大きくはないので、強度にこだわる必要ない分だけ安物も使いやすいかもしれません。

このシリーズはガイドが安っぽいのがネックですね。トラギアなどは安くても信頼の富士工業社製のものを使っていますが、これはメーカー不明のパーツですので。

 

フリーゲーム(シマノ)

いつでも!どこでも!楽しもう!FREEGAME

タイプ:テレスコピック

機種 長さ 継数 仕舞寸法 自重 ルアー重量 ライン PEライン 希望価格 その他の対応魚種
S60UL-3 1.82m 3 71.9cm 90g 1-7g 2-5lb 0.2-0.8号 8800円 エリアトラウト
S60L-3 1.82m 3 71.9cm 90g 2-12g 3-6lb 0.3-1号 9200円 バス、トラウト、カサゴ
S66L-4 1.98m 4 58.5cm 100g 2-12g 3-6lb 0.3-1号 9800円 バス、トラウト、カサゴ
S76UL-4 2.29m 4 67.6cm 110g 1-7g 2-5lb 0.2-0.8号 10400円 メッキ、カマス
S76L-4 2.29m 4 67.6cm 110g 2-12g 3-6lb 0.3-1号 10800円 メッキ、カマス、チヌ

アジやメバルならULクラスがいちばんよさそうですね。ちょっと汎用性を持たせたいのならLクラスもオススメです。

少しモバイル性能には劣りますが、エントリーモデルとはいえ大手メーカーのものなので安心感があります。

【関連記事】

https://www.bakuchooo.com/entry/2018/08/05/post-1361/

 

クロスフィールドMB(アブガルシア)

タイプ:ジョイント

機種 長さ 継数 仕舞寸法 自重 ルアー重量 ライン PEライン 希望価格 その他の対応魚種
XRFC-654ML-BF-MB

 

(ベイト)

6.5ft 4 53cm 120g 2-18g 0.4-1.2号 12000円 バス、カサゴ
XRFS-734L-MB

 

(スピニング)

7.3ft 4 59cm 107g 0.8-14g 0.6-1.2号 12500円 バス、カサゴ、メッキ、カマス

当ブログで毎年アップしている「パックロッド・オブ・ザ・イヤー」において、2019年と2020年の覇者となったシリーズです。価格に対してデザインや性能が良いのでしょう。多くの方から支持されています。

ソルトライトゲーム全般に使うのならXRFS-734L-MBがいちばん向いています。

XRFC-654ML-BF-MBは、ベイトフィネスロッドになりますが、1グラム前後のルアーを扱うアジングやメバリングにおいては上級者向けになります。必然的に軽いルアーを飛ばすためにベイトリールの性能が求められるので、ロッドはローエンドでもリールはミドル~ハイエンドが必要になるというジレンマも。。。

詳しい解説は下記記事よりどうぞ。

あのクロスフィールドにMB(モバイル)モデルが追加・・・だと
クロス・・・それは交わること。 フィールド・・・それは釣り場や釣りものを表す。 クロスフィールド・・・それは釣り場や釣りものにとらわれない自由な発想を指す。 アブガルシアの名竿、クロスフィー...
created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥10,101 (2021/04/15 20:41:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

クロスビートSW 666TUL、746TUL(ダイワ)

タイプ:テレスコピック

機種 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(g)
ライン
(lb.)
ラインPE
(#)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
666TUL 1.98 6 41 105 1.2/11.4 0.8~7 2~6 88 9,800
746TUL 2.24 6 46 110 1.3/11.9 0.8~7 2~6 88 10,500

個人的にローエンドとしてはかなりオススメのロッドです。ダイワというメーカーの安心感もありますし、価格の割につくりがしっかりしています。

666TULは淡水でも使いやすいレングスで、バスフィッシングやトラウトゲームにも対応します。ソルトライトゲームだけを考えるのなら、746TULですね。

50センチを切るモバイル性能も魅力ですし、誰にでもオススメできる、よくまとまっているパックロッドに仕上がっています。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥10,500 (2021/04/15 00:01:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

コンパクトゲームGRⅡ 605UL、705L(リアルメソッド)

タイプ:テレスコピック

機種 長さ 継数 仕舞寸法 自重 ルアー重量 ライン PEライン 希望価格 その他の対応魚種
605UL 184cm 5 48cm 85g 0.5-7g MAX5lb MAX0.4号 9800円 バス、エリアトラウト
705L 213ft 5 54cm 96g 1-14g MAX8lb MAX0.8号 9800円 バス、カサゴ、メッキ、カマス

釣具のポイントを運営するタカミヤよりローエンドモデルの中では唯一のオールFUJI SICガイドを搭載で、コストパフォーマンスが光る逸品です。

605ULは、実際に私も購入して使っています。

【徹底レビュー】リアルメソッド コンパクトゲームGRⅡ605UL
コスパ抜群なテレスコロッド、コンパクトゲームGRⅡの605ULを購入しました。使ってみないと分からない細かいところまで徹底レビューします。

私は、ベイトフィネスでもできない領域のライトなルアーを扱うために605ULを選びましたが、かなり柔らかいロッドになっているので、汎用性を重視するのなら705Lのほうがおすすめです。

created by Rinker
タカミヤ(TAKAMIYA)
¥11,906 (2021/04/15 00:01:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

NEXTPAGE…ミドルローエンド(1万~2万円)

タイトルとURLをコピーしました