パックロッド・オブ・ザ・イヤー2019~令和最初の栄冠を手にするのはどのパックロッドか!?~

第4位 トラギアティップトップS606UL(エイテック)

獲得ポイント…1100pt

モバイルタイプ テレスコピック
ターゲット トラウト、バス、アジ、メバル
レングス 6ft
継数 6pc
モバイルレングス 38cm
自重 77g
ルアー 2-5g
ライン MAX8lb(ナイロン)
希望価格 9500円

トラギアシリーズの勢いは止まらない。

トラギアティップトップのなかで、もっとも短く、もっとも柔らかい機種になります。ただでさえ柔らかめのトラギアシリーズにおいて、ULは本当にペナンペナンですw

私も過去にトラギアシリーズの766ULという機種を使っていましたが、けっこう胴から入る曲がり方をしていました。だからといって、強度が低いとか、感度が悪いとかってことではなく、乗せ調子ってことです。

だから、この606ULはエリアトラウトにオススメしたい。バスに使うには柔らかすぎてルアーの操作性がよろしくないので、あまりオススメしません。

created by Rinker
アルファタックル(alpha tackle)
¥6,366 (2021/06/16 20:26:18時点 Amazon調べ-詳細)

第3位 クロスフィールドXRFS-835M-MB(アブガルシア)

獲得ポイント…1300pt

モバイルタイプ ジョイント
ターゲット シーバス、クロダイ
レングス 8.3ft
継数 5pc
モバイルレングス 54cm
自重 151g
ルアー 5-30g
ライン 0.8-1.5号(PE)
希望価格 13000円

ここ数年、日本市場において存在感を高め続けているアブガルシアより、お手頃価格のパックロッドがランクインです。

そして第10位にランクインしたレイジー以降、3位でやっと来たシーバス向けパックロッドだったりします。

アブガルシアのロッド全般に言えることですが、デザイン面のつくりが丁寧ですよね。実売で1万円ちょっとのロッドながら、しっかりとつくられているという印象があります。初期不良もあまり聞かないので品質管理もしっかりしているのでしょう。

created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥9,805 (2021/06/16 20:26:18時点 Amazon調べ-詳細)

第2位 クロスフィールドXRFC-654ML-BF-MB(アブガルシア)

獲得ポイント…1400pt

モバイルタイプ ジョイント
ターゲット バス、ロックフィッシュ
レングス 6.5t
継数 4pc
モバイルレングス 53cm
自重 120g
ルアー 2-18g
ライン 0.4-1.2号(PE)
希望価格 12000円

なんとクロスフィールドMBが続きます。お次はベイトフィネス対応モデルとなっています。

ルアーウェイトが2-18グラムと広くなっています。これは、ソフトなティップにハードばバットという味付けによるものです。

このタイプ、ティップは曲がるのですがベリーからバットにかけてが固いため、抵抗の大きなルアーを使うとバイトをはじきやすいというデメリットがあります。

反面、抵抗の小さなルアーなら、ロッドの曲がりに食い込ませる余地が残るため、感度にも優れて掛けやすいというメリットがあります。

ここから見えてくるのは、ワーミングやスモールラバージグなど、抵抗の小さなルアーを繊細に操作することが得意ってことで、カバーに太糸で小さなルアーをぶっこむ“ベイトフィネスらしい”釣りに向いています。

NEXTPAGE…栄えある第1位は…!?

タイトルとURLをコピーしました