荒川バス釣り2016-6「それは小さくても大きな1歩だと思うんだ」

去る6月5日、ようやく荒川のブラックバスに会うことができた。

1日子供の面倒を見て、奥さんにお願いしてようやくもらった夕まずめのひと時。そいつは意外とあっさり釣れた。

これが大潮満潮の三領か

到着したのは17時。この日は大潮で満潮が18時だから、ほぼ満水に近い状態。
日曜日ということもあって、水門前は相変わらずのハイプレッシャー。一投もせずに本流側へ抜けることにした。

本流へ着くと、普段足場にしている場所も全て水没していた。二ーブーツでは、少し進むと浸水してくるくらい水位が高い。もはやウェーダーでなければ攻められないレベル。
杭と岸際の間を流す予定だったが、進めないためにその場から届く範囲を探ることにした。
スポンサーリンク

出会いまでは4投だった

今回から導入したドライブスティック3インチのノーシンカーで探る。より軽量ルアーとハイプレッシャーに対応するために、ラインを4ポンドまで落としたため、快適にキャストできる。
フォーリング&ダートで攻めるとあっさり食ってきた。
f:id:yfktfamille:20160606203035j:image
20センチほどの小バス。もちろん、全然引かなかった。だけど、初めて荒川で釣ったブラックバスだけに喜びもひとしお(^^)
はじめまして、わたくしはよしぞーと申します。お魚が全然釣れない、お魚にとっても優しい釣り人です!( `・ㅂ・)و
と御挨拶を済ませてからお帰りいただいた。
岸際でハク目掛けてボイルがあるものの、攻略できずにタイムアップを迎えてしまった。帰りがけに少し水門前を攻めたが、ギルちっくなワンバイトでお終い。

それは大きい1歩なんです

タイトルにもなっているが、小さくても釣れたという事実は大きい。自分の釣り方を振り返ると、通って釣れるパターンを積み重ねていって、それの再現を繰り返すというものである。
これまでは全く釣れなくてパターンがゼロの状態であったが、この一匹で下記のパターンが積み重ねられた。
  • 6月上旬に釣れた
  • 大潮の満潮で釣れた
  • ドライブスティック3インチで釣れた
  • 夕まずめに釣れた
  • ハクを追いかけている状況で釣れた
など、釣れたときの状況や要素を切り分けるとこうなる。これらの積み重ねが、より強いパターンになっていくと思えば、この釣果は自分の中では大きなヒントになっているのである。
とりあえず、やっと釣れてひと安心。次はサイズアップと1回で複数匹釣ることだ!
~フィッシングデータ〜
日時 6月5日 17:00~18:30
ロッド ファインテールトレッキング&トラベラーFTT-B524UL
リール 10スコーピオンXT1001+夢屋BFSスプール
潮 大潮満潮前後
釣果 バス1匹
今日のヒットルアー
ドライブスティック3インチ(OSP) カラー:モエビ

スポンサーリンク
関連記事