スポンサーリンク

荒川シーバス2019-7「ミドルアッパーって、すごいのね」

もうだいぶ時間が経ってしまったのですが、好調な荒川シーバスに出向いてきました。

今回はソフトルアーの優位性を強く感じるゲームになりました。やっぱりハードルアーで獲れないシーバスもソフトルアーなら獲れるってことがあるんだなぁと改めて認識した次第です。

 

ミドルアッパーが大当たり!

記憶もあいまいになりつつあるので、簡単にいきますねw

ここ最近と同じく、下げの流れが出る時間に出向きました。ポイントも変えず、同様にベイトがたまっています。

 

ミドルアッパーを通すと、さっそくヒット!50㎝クラスの元気が良いシーバスでした。

 

これを投げる前にはハードルアーを投げていたのですが、反応がなかったため、ソフトルアーにシフトした矢先のヒットです。

 

続いて2匹目、今日イチの60アップが登場です。

このクラスになるとスピードだけでなくトルクも備えており、下げの流れも相まってなかなかのファイトを見せてくれます。

けっこう腕が疲れますよね、心地よい疲れではありますけど。

 

ここで気になるのが、ミドルアッパーの耐久性。やっぱり釣っているうちに裂けてきてしまいます。

昨今のソフトルアーは1つ100円以上するので、もったいない精神前回でライターで炙ってリペアしながら続行します。

 

さっきのシーバスに、しっかりと丸呑みされてますから仕方ないっちゃないんですけどね。

 

ミドルアッパー耐久レース開幕!

この柔らかさが釣れる秘訣でもあるのだろうけど、もはやバイトだけでずれてしまうくらいホールド力が弱まっています。

 

さらに追加。フッコクラスです。ミドルアッパーはなんとか耐えています。

 

興味深いのは、この間に一度おなじソフトルアーのグラスミノーMを投げてみたんですけど、バイトがないんですよね。

それでミドルアッパーに戻すとバイトがあるんです。

 

おなじソフトルアーでも明確な差が出るのは意外でした。バイトくらいは拾えると思っていましたから。

 

今日最後となるシーバスを追加。とうとうミドルアッパーはファイト中にどこかへ飛んで行ってしまいました。

 

4匹で1本消費かぁ。まぁ悪くはないですね。

ライターリペアがなかったら、60アップを釣った時点でアウトでしたけど。。。

 

 

前々回の釣行でエースだったX80SWをはじめとしたハードルアーや、けっこう信頼を置いていたグラスミノーMでもバイトがない中で、圧倒的な反応を得たのがミドルアッパーでした。

ほかに唯一バイトがあったのは、エコギアのミノーMだけです。それもミドルアッパーに比べればはるかに少ないですけど。

 

とりあえず、ミドルアッパーは自分のフェイバリットルアーに昇格決定なのは間違いなさそうです。これだけわかりやすい差を出せるルアーって、けっこう稀ですからね。

 

いやー、ミドルアッパーってすごいのね。

フィッシングデータ

釣行日…2019年11月13日 22:30~24:00

潮…大潮下げ(だったと思う)

ロッド…モアザンモバイル765MLX-5(ダイワ)

リール…12ルビアス2506(ダイワ)

ライン…PE0.8号+ナイロンリーダー4号

結果…7バイト5ヒット4ゲット

ヒットルアー…モアザンミドルアッパー3.5インチ(ダイワ)+ムゲンヘッド5グラム(フジワラ)