エイテック「トラギアFOUR’Z」 パックロッドの大定番に新シリーズが登場!

トラギア=トラベラーズギア

廉価なテレスコピックロッドとしてデビューを飾ったエイテックのトラギアシリーズ。

 

基本となるシリーズ「トラギア」「トラギアTIPTOP」

性能アップ版「NEXTREAM」

仕舞重視版「NANO」「CHIBI」

リールセット版「LUNCH BAG」

 

モデルチェンジや派生モデルなど、そのシリーズは多岐にわたり、多くのアングラーに支持されてきた。私も過去に2本所有し、メバルやシーバスをこのシリーズで釣ってきた。

 

そして2017年8月、シリーズの特徴であったコンパクトさを犠牲に、アクション重視のシリーズが登場する。

それが今回紹介する「トラギアFOUR'Z」である。

このロッドの登場によって、パックロッドは新たなステージへと・・・。

 

スペック

モデル 標準全長
(ft)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
ルアー
(g)
下錘
(号)
アクション メーカー希望
本体価格(円)
634ML 6.3 4 55.5 94 1.4 10.0 5-21 3-25 7:3 9,000
684ML 6.8 4 59.5 97 1.4 10.6 5-21 3-25 7:3 9,500
744ML 7.4 4 63.0 106 1.4 11.0 5-21 3-25 7:3 10,000
864ML 8.6 4 75.0 131 1.5 12.5 5-21 3-25 7:3 10,500
944ML 9.4 4 82.0 142 1.4 12.5 5-21 3-25 7:3 11,000
804M 8.0 4 70.0 128 1.5 12.5 5-40 5-30 7:3 10,500
904M 9.0 4 78.0 142 1.6 13.7 5-40 5-30 7:3 11,000
1004MH 10 4 86.5 194 2.0 15.8 5-45 5-30 7:3 11,500
1004H 10 4 86.5 203 2.2 16.0 10-45 10-40 7:3 12,000

※メーカーHPより転載

共通して言える大きな変更点は、バッドガイドがテレスコピック用のものから、通常のものに変わっていることです。

特にLDBガイドが採用されているものは、PEラインとの相性が良く、投げ釣りやソルトルアーフィッシングを意識しているのでしょうね。

 

ただ、すべての機種でガイドの数が6個っていうのはちょっと少ないかな。多ければ良いってものでもないけど、最近のロッドとすれば長さにかかわらず、せめて7個は欲しいところ。

モデル別レビュー

634ML、684ML

シリーズの中でも短い2本です。これくらいの長さなら、4ピースのテレスコロッドといえども、あまりかさばる感じはありませんね。

ML(ミディアムライト)パワーということで、長さの割に強いロッドとなっていますが、これくらいの長さならL(ライト)パワーの方が、想定される用途とマッチするんじゃないかなと思いますね。

メーカースペックを鵜呑みにすれば、ルアーは5~21グラム。長さ的にはバス釣りやソルトのライトゲームになるけど、スピニングロッドであんまりそのクラスのルアーは使わないよね。

744ML

フッコクラスまでをターゲットとした、港湾部でのシーバスゲームやちょい投げ釣りなど、お手軽なスポットでの釣りに威力を発揮しそうなモデルです。

MLパワーとはいえ自重は106グラムなので、強度を考えるとあまり無理をさせない方が良いかも。

864ML

長ーくなって、自重も一気に131グラムまでアップしました。

これならシーバスゲームにも安心して使えますね。ただ、バッドガイドがYガイドなので、PEラインを使う場合はガイドへの糸がらみがちょっと不安ですね。

944ML

さらに長ーくなりました。バッドガイドもLDBガイドとなっております。

仕舞寸法も80cmを超えて、もはやパックロッド感がないですけど、PEラインとの相性も良いし、河口域など大場所でのシーバスゲームにうってつけですね。

804M、904M

ミディアムにパワーアップしました。

ルアーは40グラムまでとなっていますが、自重から推測される強度的にせいぜい30グラムくらいまでに留めておいたほうが良さそうです。

MLモデルと比べて、シーバスゲームでもメタルバイブレーションやテールスピンジグなど、重ためのルアーを使うデイゲームならこっちのほうがオススメです。

1004MH、1004H

MH(ミディアムハード)、H(ハード)にさらにパワーアップです。

ライトショアジギングやサーフゲームと相性が良さそうですね。

ただ、パワーゲームほどロッドに掛かる負荷も大きいので、これくらいのクラスになってくると、もう少しグレードの高いロッドを使うことをオススメします。

 

以上、トラギアFOUR’Zでした。

冒頭の続きです。

 

このロッドの登場によって、パックロッドは新たなステージへと・・・。

 

行くわけねぇだろ!フツーすぎるわ(´・ω・`)

パックロッド

ぱっくろ