あのクロスフィールドにMB(モバイル)モデルが追加・・・だと

クロス・・・それは交わること。

 

フィールド・・・それは釣り場や釣りものを表す。

 

クロスフィールド・・・それは釣り場や釣りものにとらわれない自由な発想を指す。

 

 

アブガルシアの名竿、クロスフィールドに待望のMBモデルが追加されたんですよ。

このMB、正式にはモバイルパックロッドということらしいが、MBじゃあモバイルくらいしかカバーできてねぇよという疑問はさておき。

 

お求めやすい価格と確かな性能で、入門者からサブロッドをお探しの方にご好評なこのシリーズ。

ルアーでもエサ釣りでもなんでも使ってねというボーダレス的なコンセプトとなっております。

 

これまでテレスコピックはあったんだけど、ちょっと仕舞寸法が長かったから、パックロッドフェチとしてもあんまり(*´Д`)ハァハァしなかったんだけど、今度のMBモデルは(*´Д`)ハァハァしちゃいます。

 

クロスフィールドですからね。これはモデル毎にクロス具合を見ていくしかないですよね。

 

※上記画像は公式HPより転載しています。

 

XRFC-654ML-BF-MB

【スペック】

タイプ:ベイトキャスティング

継数:4ピース

レングス:6フィート5インチ

仕舞:53センチ

自重:120グラム

先径/元径:1.3ミリ/10.1ミリ

ルアー:2~18グラム

ライン:0.4~1.2号(PE)

パワー:ML(ミディアムライト)

価格:12000円

クロスポイント(★5が満点)

ブラックバス:★★★★★(かなりハマるよ)

シーバス:★★★☆☆(このレングスでもいけるところならアリ)

トラウト(渓流):★★☆☆☆(できなくはないが、これを使う理由はない)

トラウト(管釣):☆☆☆☆☆(やめておけ)

アジ・メバル:☆☆☆☆☆(釣る前から負けているレベル)

カサゴ・ソイ:★★★★★(柔らかいティップと強いバッドを活かせる)

カマス・メッキ:★★★☆☆(スピニングのほうが良いけど、悪くはないよね)

ショアジギング:☆☆☆☆☆(うん、やめよう)

ちょい投げ:★★☆☆☆(スピニング使ったら?)

 

XRFC-704M-MB

【スペック】

タイプ:ベイトキャスティング

継数:4ピース

レングス:7フィート

仕舞:57センチ

自重:140グラム

先径/元径:1.9ミリ/11.9ミリ

ルアー:3.5~24グラム

ライン:0.8~1.5号(PE)

パワー:M(ミディアム)

価格:12500円

クロスポイント(★5が満点)

ブラックバス:★★★★★(カバーの釣りにどうぞ)

シーバス:★★★☆☆(PEだとバイトを弾きそうなのでナイロンラインならアリ)

トラウト(渓流):☆☆☆☆☆(何を思ってこれをつかうのか)

トラウト(管釣):☆☆☆☆☆(ギャング鈎で引っ掛けるつもりかい?)

アジ・メバル:☆☆☆☆☆(ノーコメントで)

カサゴ・ソイ:★★★★☆(カサゴというかハードロックフィッシュに)

カマス・メッキ:★☆☆☆☆(もっとライトなほうが楽しいよ)

ショアジギング:★☆☆☆☆(あえて挑むつもりか!?)

ちょい投げ:★★☆☆☆(続・スピニング使ったら?)

 

XRFS-734L-MB

【スペック】

タイプ:スピニング

継数:4ピース

レングス:7.3フィート

仕舞:59センチ

自重:107グラム

先径/元径:1.2ミリ/10.3ミリ

ルアー:0.8~14グラム

ライン:0.6~1.2号(PE)

パワー:L(ライト)

価格:12500円

クロスポイント(★5が満点)

ブラックバス:★★★☆☆(おかっぱり遠投スタイルでどうぞ)

シーバス:★★★☆☆(もう少しパワーがあるほうがつぶしがきくよね)

トラウト(渓流):★★☆☆☆(渓流には長いけど中流域ならアリかな)

トラウト(管釣):★☆☆☆☆(重めのルアーを遠投したら何かを開眼できるかも)

アジ・メバル:★★★☆☆(大型が出るってところならアリかな)

カサゴ・ソイ:★★★★★(キャスティングなら良いけど、穴釣りには長いかな)

カマス・メッキ:★★★★☆(けっこうピッタリだと思う)

ショアジギング:★☆☆☆☆(折れていいならやってみれば)

ちょい投げ:★★★★★(だからスピニング使えって言ったじゃん)

 

XRFS-835M-MB

【スペック】

タイプ:スピニング

継数:5ピース

レングス:8.3フィート

仕舞:54センチ

自重:151グラム

先径/元径:1.7ミリ/12.2ミリ

ルアー:5~30グラム

ライン:0.8~1.5号(PE)

パワー:M(ミディアム)

価格:13000円

クロスポイント(★5が満点)

ブラックバス:★☆☆☆☆(これを使う理由はないよね)

シーバス:★★★★★(港湾部、河川、幅広く使えます)

トラウト(渓流):☆☆☆☆☆(これを使って釣ったら逆にすごい)

トラウト(管釣):☆☆☆☆☆(あまりのありえなさにとにかく目立てるかもしれない)

アジ・メバル:★☆☆☆☆(ん、ルアーじゃなくてサビキを投げるつもりか)

カサゴ・ソイ:★★★☆☆(ハードロックフィッシュならアリ)

カマス・メッキ:★★☆☆☆(ん、ルアーじゃなくてサビ…以下略)

ショアジギング:★★★☆☆(もう少し重たいものを投げれたほうが良いけどね)

ちょい投げ:★★★★☆(続・だからスピニング使えって言ったじゃん)

 

XRFS-935M-MB

【スペック】

タイプ:スピニング

継数:5ピース

レングス:9.3フィート

仕舞:60センチ

自重:175グラム

先径/元径:1.6ミリ/14.1ミリ

ルアー:7~35グラム

ライン:0.8~1.5号(PE)

パワー:M(ミディアム)

価格:14000円

クロスポイント(★5が満点)

ブラックバス:☆☆☆☆☆(汽水域でシーバスの外道として釣るつもりなら使えば)

シーバス:★★★★★(続・港湾部、河川、幅広く使えます)

トラウト(渓流):☆☆☆☆☆(続・これを使って釣ったら逆にすごい)

トラウト(管釣):☆☆☆☆☆(このロッドが有用なメソッドを見つけたのなら、それは管釣界の革命となるだろう)

アジ・メバル:☆☆☆☆☆(それサビキやんけ!え?ニセモノなんだからルアーと一緒だって!?)

カサゴ・ソイ:★☆☆☆☆(魚の切り身をつけてぶっこみ釣りだ!ウツボに気を付けろ)

カマス・メッキ:☆☆☆☆☆(それサビキやんけ!え?…以下略)

ショアジギング:★★★★☆(このシリーズなら一番向いているよね)

ちょい投げ:★★★☆☆(それちょい投げじゃなくて普通の投げだよ)

 

 

 

以上、クロスフィールドのコンセプトを尊重する形で紹介してみました。

 

どんなジャンルでも専用ロッドがあふれる昨今のフィッシングシーンですが、1本をいろいろな釣りに使う、流用する、そうするなかで不満をつぶしていったものが専用ロッドとして発売され、日本のルアーフィッシングは発展してきました。

 

つまり、ちょっとした不便さも言い換えれば汎用性ってことであり、応用力ということ。

 

専用じゃないと・・・っていう潮流に流されないで、先人たちのような『工夫』を持って釣りに臨むのもレベルアップのために必要なのかもしれないですね。