「エギンガーパックSE」奇才、プロックスが贈るエギングパックロッド

プロックス、このメーカーは個性的なアイテム&パックロッドを多く開発しており、私は勝手に大阪の奇才メーカーと呼んでいます。それと割と直球なネーミングセンスも好きです。

さて、今回は「エギンガーパックSE」という、貴重なエギング向けパックロッドを提供してくれました。ほら、名前を見ればどんなロッドかだいたい想像つくでしょ。

 

スポンサーリンク

基本情報

モデル名:エギンガーパックSE(エスイー)

メーカー:プロックス

発売年月:2020年8月

メインターゲット:イカ(エギング)

モバイルタイプ:ジョイント(5ピース)

ちなみにモデル名のSEは「セカンドエディション」の略です。プロックスは世代を経る毎に「TE=サードエディション」「FE=フォースエディション」となります。
現状、5代目はないのですが、「フィフスエディション」だと「FE」になっちゃうので「フォースエディション」と重なります。どうするんでしょうかね。それと「根魚小僧」などモデル名が漢字の場合は○代目となります。

 

スペック

機種規格標準全長(cm)仕舞寸法(cm)継数(本)エギ(号)PE(号)自重(g)先径(mm)元径(mm)カーボン(%)税抜希望小売価格
EPS805ML805ML24053.552.0〜3.50.6〜1.21191.411.5978400円
EPS865ML865ML2575752.0〜3.50.6〜1.21271.411.5978800円

8フィートと8フィート6インチの王道レングスがラインアップ。両方ともMLパワーなので、違いはレングス6インチだけです。2機種だけしかないのならもうちょっと差別化しても良いのかなと思います。
5ピース仕様なのは良いですね。8フィート以上なら5ピース以上じゃないとモバイルレングスが長くなって、パックロッドの強みである可搬性が悪くなってしまうので。

 

主な仕様

ロッドのグレードの指標となるガイドは、トップが「FOT」、バッドが「LYOG」、それ以外が「LOG」となっています。PEラインの使用が必須となっているエギングですが、廉価なこともあってKガイドではありません。それはちょっと残念ですが、廉価なロッドほど省かれがちなガイド仕様について、きちんと種類まで明記されているのは好感が持てますね。

 

ジョイントは並継が使われています。

グリップはFUJIのVSSシートに加え、セパレート仕様。軽さが求められるエギングロッドではセパレートグリップが常識となっています。

希望価格8000円台ながら、きっちりケース付きです。嬉しい反面、ケースは社外品でもあるので、省いて価格を抑えるという選択肢もありだと思います。

 

まとめ

以上、「エギンガーパックSE」でした。残念ポイントはKガイドでないことですね。このロッドのようなY形状のガイドでPEを使うと、Kガイドよりもだいぶ絡みやすいです。ましてやエギングは巻く釣りではないので、ラインに掛かるテンションが一定ではないことから、ラインメンディングが上手ではない初心者だと特にライントラブルを誘発してしまいます。

そういう意味では初心者向けではありません。中級者のサブロッドにオススメです。

一方で、価格に対する仕様は悪くありませんし、ソルトでの釣りでは何かと使い勝手の良い8フィート台で重たくもないので、1本あればなにかと使えそうです。小型メタルジグを用いたカマスや小型青物釣り、フッコクラスまでのシーバス釣り、ちょい投げ釣りなど。

エギングというよりは、ソルト系のなんでもロッドとして活用するのが、このロッドの最適解だと思います。エギングロッドというジャンル自体、なんでもロッドとして使いやすいと言われることが多いですしね。

 

created by Rinker
プロックス(Prox)
¥8,409 (2022/10/06 03:28:28時点 Amazon調べ-詳細)

メーカーHP:https://www.proxinc.co.jp/lineup/page.jsp?mode=id/1106

コメント

  1. 美保関 より:

    これの8Fの先代モデルを旅行時の塩淡問わずの
    なんでもロッドとして使っているのですが
    何か変わっているのでしょうか
    見た目は黒1色になって定価が1000円程上がっただけのようですけどね

    • cyoshi より:

      差異が見られたのは以下の部分です。
      1.8F6inモデルで少し重量が増えています。
      2.バッドガイドとその上のガイド位置が若干変わっている。
      3.グリップの形状とデザイン
      実物で比べたらもう少しあるかもしれませんが、ほぼ変わっていないと見て間違いないですね。
      材料費、製作費ともに増加の一途ですので、予定製作分が終わったら新しいモデルを出して価格改定することで、値上げ感をなくす戦略かと推測します。
      ひと昔前のロッドやリールのほうがコスパに優れていることがほとんどです。
      分かりやすい例で言うと、ダイワで過去に「ネオバーサル」というロッドがありまして、1万円ちょっとの実売価格にも関わらず、すべてのガイドにSICリングを採用していました。
      ところが今は同価格帯ならアルコナイトリングが使われることがほとんどで、場合によってはハードリングだったりします。
      いや~ほんと世知辛い。物価は上がる。でも給料は上がらない昨今。。。

タイトルとURLをコピーしました