スポンサーリンク

メジャークラフトの「ソルパラ」に振出モデルが新登場

エントリーモデルながら幅広いラインナップでライトユーザーをがっちりつかんでいるメジャークラフト(以下、メジャクラ)。

 

ここ数年はルアーやフックなども発売し、幅広く展開しています。

 

メジャクラはよくパックロッドをつくってくれる、パックロッダーにやさしいメーカーだったりしますが、このたび同社初の振出モデルが登場しました。

 

 

ルアーフィッシングっぽく言えば「テレスコピック」ですが、メジャクラは「FURIDASHI(振出)」といっております。

 

和の心か、ルアーに限らずエサ釣りにも使ってほしいってことか、このあえての表記に敬意を表して当記事でも振出と表記します。

 

スペック

Model PRICE(¥) ルアー(g)/エギ(号) ライン(lb) PEライン(号) アクション JAN
SPXT-S70UL 8600 0.6-5 1-5 0.3-0.8 EX.F 4573236272016
SPXT-76L 8800 0.8-7 1-6 0.3-0.8 F 4573236272023
SPXT-76ML 9000 5-28(2-3.5) 6-12 0.4-1.2 RF 4573236272030
SPXT-80ML 9200 5-28(2-3.5) 6-12 0.4-1.2 RF 4573236272047
SPXT-86M 9600 7-35(2.5-3.5) 6-16 0.6-1.5 RF 4573236272054
SPXT-90MH 10000 15-42(2.5-4) 8-20 0.8-2.0 RF 4573236272061
SPXT-96LSJ 10800 15-50 8-25 1.0-2.5 RF 4573236272078

メバリングやアジングなどのライトゲームから、シーバスフィッシングや軽めのショアジギングまで、ショアから想定される釣りをだいたいカバーしています。

 

L(ライト)~ML(ミディアムライト)あたりのモデルはちょい投げにもおススメですね。

 

グリップ

定価で1万円を切るようなロッドですから、デザインも特に凝ってはいません。

装飾は最低限に、使いやすさ重視というところですね。

 

テレ・・・じゃなくって振出らしくグリップエンドがネジになっていて、外せるようになっています。

 

ガイド

ごく普通の振出用のガイドが使われています。

素材については特に表記がないので、SICリングではなくOリングが使われているかと思います。

 

 

 

以上!仕様上はあんまり特筆することがないような。。。

やっぱりこれの特徴は安さですかね。振出の手軽さとこの買い求めやすさと相まってエントリーユーザーはもちろん、ファミリーフィッシングにもいいですね。

 

ひとつメジャクラに注文をつけたいのは、仕舞寸法の表記がないこと。振出のくせにそこを書かないってどういうことじゃ(#゚Д゚)ゴルァ!!

 

画像などから察するに短いものでも60センチ台であとは70センチ台~かな。

モバイル性能はあまりよくなさそうですね。

 

個人的には結局クルマ向けだよなぁと思う、この中途半端な仕舞寸法ですが、コンパクトカーでもトランクスペースにかさばらないで置けるのもメリットですよね。

家族でお出かけとか、買い物ついでとなれば、釣り具を置くスペースはひっ迫されますからね。

 

 

以上、意外にもメジャクラ初の振出ロッドでした。

そう言われると、確かにマルチピースしかなかったかも。。。

 

ソルパラ・振出モデル(メジャークラフト)
created by Rinker