「エギストTZ」テイルウォークが贈る、ハイエンドなエギング向けパックロッド!

食べて美味しいイカ。

釣って楽しいイカ。

エギという日本古来の疑似餌を使い、シャクリなどの誘いをして釣るというエギングという釣法は、魚を対象とした他のルアーフィッシングとは違う趣向にあふれています。

掛かったときの独特なヒキもイカ特有のものです。

エギングのポイントの多くは、パックロッド需要が多い都市部ではないこともあってか、エギング向けのパックロッドはあまり数がありません。地方は基本的に車社会ですから、2ピースロッドを使うので。

そんな中にあっても、テイルウォークは「エギストTZ」というエギング向けのパックロッドを発売しました。しかも、売れ筋な価格帯ではなく、希望価格3万円台のハイエンドクラスです。

 

スポンサーリンク

スペック

MODELLENGTH(ft.in)PIECECLOSED
LENGTH
(cm)
ROD
WEIGHT
(g)
LURE
WEIGHT
(g)
LINE WEIGHT
(PE)
EGIL1
(mm)
L2
(mm)
GRIP
TYPE
RETAIL
PRICE
(JPY)
83M-P48.3467110MAX300.5-1.04号385275A36,000

「エギストTZ」は元々2ピースモデルだけのラインアップだったのですが、そこに「P4」という4ピースモデルが1機種追加になった形です。

タイプはテレスコピックではなくジョイント方式です。

8フィート3インチの4ピースなので、モバイルレングスは67センチと大きめになっています。電車釣行でも持っていきやすいですが、どちらかといえば車載するときにスペースをとらないためのパックロッドといったところでしょうか。バイク(スクータータイプ)のラケッジスペースにも、中型以上ならギリギリ収まるかな。50CCは無理ですね。

 

搭載テクノロジー

FUJI TORZITE RING

ガイドはチタンフレームにトルザイトリングが搭載されています。だって、「エギストTZ」の「TZ」は、トルザイトリングを表しているんだもの。

国内メーカーのロッドに多く使われている「富士工業」製のガイドのなかでは最上級の組み合わせですね。エギングに必要な強度を確保しつつ、最も軽量にできる組み合わせです。

 

MICROPITCH UNSAND

ブランクは無研磨を表す「アンサンドフィニッシュ」仕上げ。多くのロッドに見られる“仕上げをしない仕上げ方”です。ブランクは削ったり塗装したりしないのが、もっとも素材を活かせるそうです。

メーカー的には優位性を訴えつつ、コストカットできるのでありがた~い技術ですよね。ユーザー的には、ただでさえデザインの幅が少ないロッドが、さらに画一的になっちゃうので、実用的ではありますが面白味に欠ける結果に。。。

 

C CROSS JOINT

ジョイント部には「C CROSS JOINT」なる技術が使われています。ジョイント部分はそうでないところより強度が劣るため、負荷が掛かったときに折れやすいんです。そのため、ジョイント部分を補強する必要があるわけですが、その補強をカーボン繊維で行っているということですね。

普通はスレッド(糸巻)した上から、エポキシで補強してます。ガイドをブランクにくっつけるときと同じです。

ジョイント部分は補強する関係から、どうしても重くなってしまいがちですが、この手法だと軽量に仕上げられるとのことです。継ぎ目の多いパックロッドだからこそ、このようなジョイント技術は一層光りますね。各社、ジョイントの仕上げにはもっとこだわってほしいです。

 

 

以上「エギストTZ」でした。

ちょっと、どれくらい需要があるのかなって思ってしまわなくもないですが、パックロッドの選択肢が増えるのは嬉しいことですね。特に手薄なエギングというジャンルですし。

タイトルとURLをコピーしました