ハイエンドな道具の必要性と弊害について考えた

皆様はご存知ですか?日本の釣り市場は、他国の常識よりもはるかに高級志向であることを。

ルアーフィッシングの本場、アメリカではロッドもリールも2万円クラスでハイエンドらしい。日本で2万円はミドルクラス、ハイエンドなら4万円以上、限定品なら10万円近い値段がするものもある。

私が今まで使ってきたロッドもリールもほとんどが買値で2万円以下のものであり、例外的にシーバスロッドは4万円クラスのモアザンモバイル(旧型)を使用している。

自分のレベル的にも、対象とするターゲット的にも、ハイエンドのものは要らないと感じている。今回はそのあたりを少し考えてみたいなと思う。 “ハイエンドな道具の必要性と弊害について考えた” の続きを読む

最強のパックロッドアングラーバックパック「ノースフェイス プロヒューズボックス」

アングラーの皆様、釣具の運搬にはどのようなバッグを使っていますか?

やりこんでる感アリアリのフィッシングベスト。

オカッパリ機動力重視ヒップバッグ。

機動力と容量のクロスポイント、ショルダーバッグ。

スタイルによって色々あると思いますが、パックロッドを使うアングラーは基本的に電車やチャリでの釣行となるため、大荷物を運ばなければなりません。

そんな折、理想ともいえるバッグと出会いました。私の必要と思っていた要素をすべて兼ね揃えたバッグが、今回紹介するバックパック「プロヒューズボックス」です。 “最強のパックロッドアングラーバックパック「ノースフェイス プロヒューズボックス」” の続きを読む

フックシャープナー、それは倹約のためのアイテム

個人的になんだかバタバタした11月でした。公私に忙しく、脳内メモリがそれでいっぱいになっていて、釣りのことを考える余裕がなくて、結果としてブログ更新もおっくうになっていました。

これからは寒い寒い冬の到来。何かと釣りものがなくなる季節ですね。海が近ければメバリングって選択肢があるけど、私の住まいは海無し埼玉県、近いところだと荒川の温排水ポイントで冬バス狙いが現実的なところですかね。

“フックシャープナー、それは倹約のためのアイテム” の続きを読む

渓流ベイトフィネスに最適なセッティングを考察する

前回記事にアップした通り、帰郷ついでに久しぶりの渓流ルアーフィッシングを堪能した。記事にはしていないが、その次の日も渓流釣行に2時間ほど行っている。

※ちなみにボウズだった。

ほんの3時間ほどではあるが、渓流ベイトフィネスをやってみての感想を述べたいと思う。 “渓流ベイトフィネスに最適なセッティングを考察する” の続きを読む

アフターファイブで釣りをしよう

f:id:yfktfamille:20160423174438j:plain
はー、もう疲れた。
上司はうるさいし部下は使えないし。
明日も会議めんどくさいなぁ。。。
※導入が暗くなりすぎないようにワンコ画像を使用しております
そんな仕事に追われてばかりのサラリーマン。
たまの休みは家族サービス。
いったい俺の癒しはどうしたらいいんだぁー!!

アフターファイブにすればいい!

“アフターファイブで釣りをしよう” の続きを読む