パックロッド

【2024年版】ブラックバス向けパックロッドまとめ

cyoshi

魚種別のパックロッドまとめ、この記事はルアーフィッシング界の王道ブラックバスです。

種類も多く、すべてをピックアップしていたらとんでもない量になってしまうので、ある程度絞って紹介しています。

ここで紹介するブラックバス向けパックロッドの条件は

  • 仕舞寸法が70センチ以下(一部例外あり)
  • 5~7フィートの範囲
  • ブラックバス向けのもの

とさせていただきます。

なお、分類している価格帯はメーカー希望価格となります。以前は実売価格で分類していましたが、メーカーによって割引率が大きく違ったり、タイミングによって価格が変動したりするので、ブレない希望価格にしました。そのため、実際の価格から見たグレードと異なることがありますが、あらかじめご了承ください。

2007年に伊豆で釣った50cm。ブラックバスには他魚種にない魅力があります。それは様々な釣り方で釣れるということです。1魚種でこれだけ多彩な釣りに応えてくれる魚はほかにいません。

 

広告

エントリークラス(1万円以下)

昨今の物価高の影響で、数を減らしつつあるエントリークラス。安さだけで見れば、Amazonで色々と聞きなれないメーカーのものなどあったりするのですが、それらはオススメできないので除外します。

ブラックバスが相手なら安物でも釣りは成立しますが、微妙な変化を感じ取るライトな釣りから、ヘビーカバーにルアーをぶっこむようなヘビーな釣りまで、とにかくバリエーションに富むのがブラックバスフィッシングの特徴。ちょっとやり込んでくると性能に不満を感じてしまうかもしれません。

 

マイクロバスTE

メーカー:プロックス

モバイルタイプ:テレスコピック(7ピース)

商品コード標準全長(cm)仕舞寸法(cm)継数(本)標準自重(g)先径(mm)元径(mm)ルアーWt(g)ラインWt(lb)カーボン含有率(%)税抜希望小売価格
MBT60MLTC1833671031.410.93.5〜144〜12817000円
MBT60MLTS1833871061.415.73.5〜144〜12857000円

プロックスはパックロッドをたくさんラインアップしているけど、バス向けには代表で「マイクロバスTE」をチョイスしました。

スピニングとベイトが1機種ずつ、両方とも6フィートで使いやすいスペックとなっています。ベイトは小型プラグやライトリグを多用する人には良いですね。ベイトフィネス対応機種となっています。でも、このクラスを使う人はビギナーが多いと思われるので、スピニングが無難でしょうか。

また、アンダー40センチという圧倒的なモバイル性能も魅力です。メインで使うにはちょっとスペック不足かもしれませんが、持ち運び用と割り切ってサブとして使うにはうってつけです。または、普段はあまりやらないけど、旅先でちょっと釣りをしたいって人に。

created by Rinker
プロックス(Prox)
¥6,386 (2024/07/15 07:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

バスパラモバイル

メーカー:メジャークラフト

モバイルタイプ:テレスコピック(4ピース)

【ベイトモデル】

ModelPRICE(¥)全長(ft)ルアー(oz)ライン(lb)アクション
BXCT-665M8,6006’6”1/4-3/410-16RF
BXCT-665MH8,8006’6”1/4-112-20RF
BXCT-705H9,0007’0”3/8-1.1/212-25RF
BXCT-705X9,4007’0”3/8-314-30R

【スピニングモデル】

ModelPRICE(¥)全長(ft)ルアー(oz)ライン(lb)アクション
BXST-645UL84006’4”1/32-1/43-7EX.F
BXST-645L86006’4”1/16-1/44-8F
BXST-665ML88006’6”1/8-3/85-10F

メジャークラフトは、エントリーモデルに「○○パラ」と名付けていて、それのバスバージョンだから「バルパラ」ということですね。

同社のパックロッドはジョイントタイプが多いんだけど、これはテレスコピックになります。

バス向けの機種だけで構成されているのに、全部で7機種あるのは嬉しいですね。特にエントリーモデルながら、ビッグベイトにも対応する「BSCT-705X」など、他社にはないラインアップが良いですね。

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥7,689 (2024/07/15 07:10:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

ミドルクラス(1~2万円)

このクラスはルアーロッドにおけるボリュームゾーンです。多くのロッドがあり、売れ筋でもあります。その分、コストパフォーマンスに優れたアイテムが多く、それなりに長く使うつもりなら、エントリークラスよりもミドルクラスからチョイスするほうがオススメです。

 

ズームサファリ

メーカー:アブガルシア

モバイルタイプ:ジョイント

【スピニングモデル】

製品名タイプ継数全長(ft/cm)仕舞(cm)標準自重(g)先径(mm)ルアー(g)ライン(lb)使用材料パワーテーパー/アクション製法メーカー希望本体価格(税抜)
ZMSS-404ULSP44’0″ / 12237.3762~63~6カーボン95%,グラス5%UL/ウルトラライトFR/レギュラーファーストチューブラー¥9,500
ZMSS-505LSP55’0″ / 15235.6882~83~6カーボン95%,グラス5%L/ライトFR/レギュラーファーストチューブラー¥10,500
ZMSS-605LSP56’0″ / 18342.01132~104~8カーボン95%,グラス5%L/ライトF/ファーストチューブラー¥11,500
ZMSS-705MLSP57’0″ / 21349.41443~204~10カーボン95%,グラス5%ML/ミディアムライトF/ファーストチューブラー¥12,500
ZMSS-805MSP58’0″ / 24456.51475~258~12カーボン95%,グラス5%M/ミディアムFR/レギュラーファーストチューブラー¥13,500
※全機種を記載

【ベイトモデル】

製品名タイプ継数全長
(ft/cm)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
先径
(mm)
ルアー
(g)
ライン
(lb)
使用材料パワーテーパー/
アクション
製法メーカー希望
本体価格
(税抜)
ZMSC-464LBC44’6″/13741.4901.22~84~8カーボン95%,グラス5%L/ライトFR/レギュラーファーストチューブラー¥12,500
ZMSC-565LBC55’6″/168391041.42~104~12カーボン95%,グラス5%L/ライトFR/レギュラーファーストチューブラー¥13,500
ZMSC-665MBC56’6″/19844.61511.79~288~16カーボン95%,グラス5%M/ミディアムFR/レギュラーファーストチューブラー¥14,500
ZMSC-765LBC57’6″/22952.11531.252~156~12カーボン95%,グラス5%L/ライトF/ファーストチューブラー¥15,500
※全機種を記載

コロナ禍によるアウトドアブームに乗っかって、キャンパーを意識したロッドとして登場したズームサファリ。

スペックはそれなりで、どちらかといえば見た目重視ですが、十分に使えるパックロッドに仕上がっています。バスに使うなら、ZMSS-605L、ZMSC-665Mがど真ん中でしょう。

でも、個人的におすすめしたいのはショートロッド。6フィートを下回るレングスになると、取り回しが断然違ってきます。飛距離は出ないけど、ピンスポットへのキャスト精度は向上するし、軽い動作で投げられるので、キャスティングが楽しくなります。せっかくショートロッドのラインアップがあるので、ZMSS-505LやZMSC-565Lも検討してみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥9,400 (2024/07/15 07:10:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

トラギアノート

メーカー:エイテック

モバイルタイプ:テレスコピック

モデルレングス継数モバイルレングスカーボン含有量自重先径元径ルアーウェイトラインウェイト希望価格(円)
S636UL6ft3in639cm98%91g1.0mm10.4mm2-5g10,000
S636L6ft3in639cm98%93g1.2mm10.7mm3-10g10,500
S706L7ft644cm98%108g1.2mm9.9mm3-10g11,000
S866ML8ft6in650.5cm98%130g1.3mm12.1mm5-21g11,500
S906ML9ft654cm98%134g1.3mm12.1mm5-21g12,000
S706M7ft644cm98%122g1.6mm11.8mm5-40g11,500
S806M8ft648.5cm98%134g1.7mm13mm5-40g12,000
S906MH9ft653.5cm98%155g2.0mm13.3mm5-45g13,000
S1006MH10ft659cm98%189g2.0mm14.6mm5-45g14,000
※全機種を記載してます

「トラギアティップトップ」からモデルチェンジしてデザインがオシャレになった「トラギアノート」。

大きな変更点はグリップですね。EVA素材のグリップからコルク素材のグリップへと変わりました。ガイドは同じくテレスコピック用のフレームに富士工業のOリングです。

ブラックバスに使うなら、S636LかS706Lが良いです。取り回し重視なら636、遠投性重視あるいはソルトライトゲームにも使いたいってときは706を選ぶのが良いでしょう。

created by Rinker
トラギア(Trgr)
¥7,763 (2024/07/15 07:10:24時点 Amazon調べ-詳細)

  

ルアーニストモバイル

メーカー:ダイワ

モバイルタイプ:ジョイント(4ピース)

発売年月:2022年4月

品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量(g)
ルアー
重量
エギ(号)
ライン
(lb.)
ライン
PE
(#)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
56UL-41.68448951.4/7.90.8~72~68811,100
66L-41.984551201.5/10.41~103~89011,300
68L-S-42.034561200.8/9.91~103~89011,500

ダイワのラインアップにありそうでなかった、エントリークラスのジョイントタイプのパックロッドです。テレスコピックよりジョイントが優れている点は、背の高い通常のガイドが使われている点です。このロッドもKガイドではないですが、通常のガイドが使われており、安価ななかでも性能を重視するのであれば、このロッドが良いでしょう。

ブラックバスには特に「66L-4」がオススメです。ワームから小型ハードルアーまで幅広く使えるスペックをしています。特にフィネスにこだわるのならソリッドティップの「68L-S-4」も面白いですね。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥9,317 (2024/07/15 07:10:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

クロスフィールドMB

メーカー:アブガルシア

モバイルタイプ:ジョイント(4ピース)

製品名タイプ継数全長(ft/cm)仕舞(cm)標準自重(g)先径(mm)/元径(mm)ルアー(g)PEライン(号)カーボン含有率(%)パワーメーカー希望本体価格
(税抜)
XRFS-604UL-TESP46’0″/1.8355891.1/9.80.6-8g0.2~0.887%,UL(ウルトラライト)¥12,000
XRFC-654ML-BF-MBBC46’5″/195.6531201.3/10.12-18g0.4~1.298ML(ミディアムライト)¥13,500
XRFC-704M-MBBC47’0″/213.4571401.9/11.93.5-24g0.8~1.584M(ミディアム)¥14,000
XRFS-734L-MBSP47’3″/221.0591071.2/10.30.8-14g0.6~1.289L(ライト)¥14,000
※「XRFS」…スピニングモデル、「XRFC」…ベイトモデル

アブガルシアの誇る大人気パックロッド。当ブログの企画の1つで年間で最も売れたパックロッドを集計するパックロッド・オブ・ザ・イヤーでも圧倒的な強さを誇っています。発売からそれなりに年月が経っているにも関わらず、多くの人に支持されることこそ、分かりやすい良品の証拠です。

ブラックバスに使うなら、ちょっと長いですけど「XRFS-734L-MB」がオススメです。ソルトでの釣りにも流用しやすいのもポイントです。ベイトタックルに興味がある方なら「XRFC-654ML-BF-MB」ですね。

 

ベンケイ

メーカー:メジャークラフト

モバイルタイプ:ジョイント(4ピース)

ModelPRICE(¥)全長(ft)継数(pcs)ルアー(oz)ライン(lb)アクションJAN
BIC-664M12,0006’6”41/4-3/410-16Regular4560350817704
BIC-664MH12,5006’6”41/4-112-20Regular Fast4560350817711
BIC-704H13,0007’0”43/8-1.1/212-25Regular Fast4560350817728
BIS-644UL12,0006’4”41/32-1/43-7Fast4560350818022
BIS-644L12,5006’4”41/16-1/44-8Fast4560350818039
BIS-664ML13,0006’6”41/8-3/85-10Regular Fast4560350818046
※BIC…ベイトモデル、BIS…スピニングモデル

メジャークラフトはこの1万円ちょっとの価格帯を大事にしてますよね。これから始めるっていうビギナーにも、ちょっとやりこんだ人のセカンドロッドとしても、訴求しやすいクラスですよね。

王道ラインナップを揃えながらも、ロングレングスのパワーモデルをラインナップしており好感が持てます。価格帯も手頃だし、あんまり使わないけどパワーのあるパックロッドも欲しいって場合に良いかも。

もちろん、バーサタイルなモデルをメインで使っても充分な性能があります。

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥11,767 (2024/07/15 13:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブレイゾンモバイル

メーカー:ダイワ

モバイルタイプ:テレスコピック(6ピース)

品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(g)
ルアー重量
(oz.)
ライン
(lb.)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
666TMB1.986451271.8/14.85~183/16~5/87~169814,500
6106TMB2.086471331.8/14.85~183/16~5/87~169815,300
6106TMHB2.086471371.8/14.87~211/4~3/48~209815,400
646TLS1.93642921.3/11.91.8~71/16~1/44~89614,300
666TLS1.98643941.3/11.91.8~71/16~1/44~89614,500
※末尾のスペルがSはスピニング、Bはベイト

価格帯は異なりますが、ダイワの「B.B.B」の後継的な位置づけなのかなぁと思います。あっちはバッグ付属モデルなんかもあったりして、ちょっと割高感があったんだけど、「ブレイゾンモバイル」は手ごろな価格をしています。

パックロッドはどちらかと言えばジョイントタイプが多いですが、テレスコピックでしっかり使えてリーズナブルなパックロッドとなれば第一候補にあがってくるでしょう。ジョイントタイプにないテレスコピックの利点はラインを通したまま伸縮できるところです。だから自転車でランガンするようなときに使いたいですね。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥12,166 (2024/07/15 13:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

【関連記事】ダイワ「ブレイゾンモバイル」モバイル性能に優れたお手頃バスロッド!

 

モバイルパック

メーカー:ダイワ

ジョイントタイプ:テレスコピック(5-6ピース)

発売年月:2022年4月

機種名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量
(g)
適合エギ
(号)
ナイロン
(lb.)
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
646TUL1.93641941.2/11.81~62~60.2~0.69013,600
666TL1.98641981.3/11.82~103~80.3~0.89114,600
665TMB1.985481251.6/12.87~358~160.6~1.59117,000

モバイルパックがブランクに「HVFカーボン」を採用してモデルチェンジしました。この記事を書いていて気が付いたけど、先述のブレイゾンモバイルと若干かぶっている気がします。同じ「HVFカーボン」採用だし、価格も似たようなものだし。微妙にレングスやパワーが異なるので、捉え方によっては非常に細分化されたなかからチョイスできるってことになります。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥11,165 (2024/07/15 07:10:21時点 Amazon調べ-詳細)

【関連記事】ダイワ「モバイルパック」2022年、モデルチェンジで良コスパなテレスコロッドに進化!

 

パックマン

メーカー:ゴールデンミーン(中央漁具)

モバイルタイプ:ジョイント

【スペック】

ModelLength(ft.)Rod Weight (g)Lure Weight(oz.)Line (lb.)Price(yen)
PMC-610ML6’10”1253/16〜5/86〜14本体価格¥13,500(税別)
PMC-610M6’10”1293/16〜3/46〜16本体価格¥13,500(税別)
PMS-610L6’10”1021/32〜1/44〜12本体価格¥13,800(税別)
PMS-610ML6’10”1061/32〜3/84〜14本体価格¥13,800(税別)
※PMCがベイト、PMSがスピニング

ナムコの某キャラを彷彿させるネーミングのシリーズ。ブラックバス用とは謳っていないものの、性能的には明らかにブラックバス向けです。

レングスは6.10フィートに統一され、スピニングとベイトで2機種ずつのラインナップですが、おおよそのニーズには応えてくれるでしょう。ストレートのコルクグリップという、今や珍しい仕様になっているので、それが好きな人におススメです。最近は軽量さを求めてセパレートグリップが多いなかで、小さい事ですけど差別化されていて好感が持てますね。

【関連記事】ゴールデンミーン「パックマン」。名前がアウトなパックロッドが新登場!

   

ミドルハイクラス(2~3万円)

このレベルまで来ると長くメインで使えますね。パックロッドが旅行や出張のお供だけでなく、日ごろからメインで使っている人にはこのクラスも良いと思います。このレベルになると、最もグレードを測りやすいパーツであるガイドが、ステンレス素材のKフレームSICリングとなってきます。

 

ゾディアスパック

メーカー:シマノ

モバイルタイプ:ジョイント

品番全長
(ft.)
全長
(m)
テーパー継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
ルアーウェイト
(g)
適合ライン
ナイロン・フロロ(lb)
グリップ長
(mm)
カーボン含有率
(%)
ガラス他
含有率(%)
本体価格
(円)
C58ML-45’8″1.73F447.91021.75~157~1421696.93.122,500円
C66ML-56’6″1.98F543.71071.65~157~1422996.23.823,000円
C610M-56’10”2.08F546.11201.77~218~1624495.74.323,500円
C72MH-57’2″2.18F548.11321.810~3010~2027097.12.924,500円
S64L-56’4″1.93F543.11051.53~103~620397.62.422,500円
S68ML-56’8″2.03F545.11101.64~124~820897.72.323,500円
S70M-57’0″2.13RF547.11151.55~155~1023397.82.224,500円
※品番の頭文字が「C」はベイトモデル、「S」はスピニングモデル

近年、シマノのロッドはとても評判が良いです。その立役者となったのが、バスロッドの「エクスプライド」であり、「ゾディアス」です。その「ゾディアス」のパックロッドバージョンがこちらのモデルとなっています。

バスロッドとして必要なスペックを一通り網羅しており、よっぽどのスペシャリティモデルでない限り、事足りるのではないでしょうか。特に「S70M-5」はバスだけにとどまらず、シーバスにも対応するポテンシャルを持っており、近くでシーバスが釣れるところに住んでいる方は要チェックです。

なお、「C58ML-4」はパックロッドバージョンだけの型番となっており、ショートレングスを活かして可搬性が良いだけでなく、ピンポイントキャストをビシバシ決めることにエクスタシーを覚えてしまうキャスティング中毒者にオススメです。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥18,557 (2024/07/15 13:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

クワトロ

メーカー:パームス

モバイルタイプ:ジョイント(4ピース)

Model No.LengthPiecePowerLurePERod Wt.Pack LengthPrice
QTRGS-63L6ft.3inc.4L3-10g3-8lb93g52cm¥21,400
QTRGC-63L6ft.3inc.4L3-10g3-8lb124g53cm¥22,000
「QTRGS]…スピニングモデル、「QTRGC」…ベイトモデル

まだまだパックロッドが少なかった時代に、すべて4ピースというラインアップと特徴的なイエローカラーで人気を博した「クワトロ」。それが10年以上の時を経て、モデルチェンジしたのがこのモデルです。

初代は3万円以上するハイエンドでしたが、2代目はグッと価格を抑えて手にしやすいモデルとなりました。それでも「クワトロ」の特徴であったイエローカラーはそのままで、当時を知るアングラーにとってはノスタルジーを感じさせてくれるパックロッドでもあります。そう、当時は「パームス」じゃなくて「アングラーズリパブリック」って会社名で、カラーの入ったロッドが特徴的だったんだよね。赤の「フレーム」とか、青の「ベイマチック」とか、白の「サーフスター」とかね。

トラウトからシーバスまで、幅広く対応するラインアップとなっていますが、バスフィッシングにぴったりなのは2機種です。「QTRGC-63L」はベイトロッドとしてはかなりライトな仕様となっており、ベイトフィネスリールと合わせて、小型プラグやワーミングにぴったりです。

created by Rinker
パームス(Palms)
¥20,691 (2024/07/15 10:14:31時点 Amazon調べ-詳細)

【関連記事】パームス「クワトロ」復活した、あの鮮烈な、黄色いやつ

 

エアエッジモバイル

メーカー:ダイワ

モバイルタイプ:ジョイント(4ピース)

品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元経
(mm)
ルアー重量
(g)
ルアー重量
(oz)
ラインカーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
664MLB1.984541101.7/14.93.5~141/8~1/26~149928,200
664M/MLB1.984541121.8/10.95~183/16~5/87~169928,500
694HB-SB2.064571342.8/12.911~1133/8~414~30/PE#3~59930,500
6104MB2.084571222.1/11.95~183/16~5/87~169928,500
6104MHB2.084571262.1/12.97~211/4~3/48~209929,500
644UL/LS1.93453981.2/9.90.9~71/32~1/43~89928,200
644L/MLS-ST1.934571011.0/10.41.8~111/16~3/84~109929,000
664ML/LS1.984541001.5/10.41.8~71/16~1/44~89928,500
684ML+S2.034551081.6/10.63.5~111/8~3/85~119929,500
※機種名末尾「B」がベイトモデル、「S」がスピニングモデル

やっぱり安定した人気のあるダイワなんですけど、このクラスでこれだけ機種が豊富なパックロッドを出しちゃうと、ほぼこれに人気が集中してしまうのではないかと思います。とにかく機種が豊富だし、スペック的にも王道バスロッドって感じなので選んでもまず後悔はないかと。

すべて4ピースだから、若干仕舞が長いかなぁ。それ以外は価格帯的にも性能的にも、2019年に登場した機種のなかではいちばんおススメですね。バスフィッシングに限ればですけど。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥21,471 (2024/07/15 07:10:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

スコーピオン

メーカー:シマノ

モバイルタイプ:ジョイント(5ピース)

品番全長(ft.)全長(m)テーパー継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径(mm)ルアーウェイト(g)ジグウェイト(g)適合ラインナイロン (lb)グリップ長(mm)カーボン含有率(%)本体価格(円)
15101F-55’10”1.78F542.51151.65~20MAX 808~1621894.837,900円
15103RS-55’10”1.78RS542.71302.110~40MAX 15014~3021895.739,000円
1602R-56’0″1.83R543.81221.97~28MAX 13012~2222393.539,000円
1604SS-56’0″1.83SS5431402.315~80MAX 24016~5025394.540,100円
1652R-56’6″1.98R5471301.97~28MAX 13012~2224396.640,100円
2600FF-56’0″1.83FF544.61101.32~8MAX 403~818297.837,900円
2602R-56’0″1.83R544.11101.77~20MAX 806~1420293.539,000円
2651R-56’6″1.98R547.61171.65~155~1221296.439,000円
※頭の数字「1」がベイトモデル、「2」がスピニングモデル

スコーピオンといえば、1990年代から釣りをしている人にとっては、シマノの定番バスロッドであり、使っていた人も多く(*´Д`)ハァハァしちゃうネーミングだったりします。今も昔も村田基氏がプロデュースしていることに変わりはありませんが、バスロッドだったのがフリースタイルロッドという位置づけに変わりました。

フリースタイルってことはどこでもなんにでも使ってってことだから、もちろんパックロッドもあります。しかもモバイル性能に優れた5ピース仕様です。

全体の傾向としては、ショートレングスの割にパワーを持たせているというところにあります。通い慣れたフィールド、初めてのフィールド、国内外の夢のフィールド、場所を問わず突如として大物は食いついてきます。それでも「スコーピオン」であれば余裕をもって対応できることでしょう。

 

フェンウィック ワールドクラスエクスペディション

メーカー:ティムコ

モバイルタイプ:ジョイント(4-5ピース)

【スピニングモデル】

商品名全長ラインルアー標準自重アクション継数パワー希望小売価格
フェンウィック WCE66SL-5J6’6″(198cm)(仕舞寸法:47cm)3-10lbMax3/8oz119gMF5pcL32,500円
(税込35,750円)
フェンウィック WCE70SML-5J7’0″(213cm)(仕舞寸法:50cm)4-12lbMax1/2oz123gMF5pcML35,000円
(税込38,500円)

【ベイトモデル】

商品名全長ラインルアー標準自重アクション継数パワー希望小売価格
フェンウィック WCE62CML-5J6’2″(188cm)(仕舞寸法:44cm)6-20lbMax5/8oz113gMF5pcML30,500円
(税込33,550円)
フェンウィック WCE66CM-5J6’6″(198cm)(仕舞寸法:46cm)8-25lbMax3/4oz126gMF5pcM32,500円
(税込35,750円)
フェンウィック WCE68CMH-5J6’8″(203cm)(仕舞寸法:47cm)10-30lbMax2oz139gMF5pcMH33,500円
(税込36,850円)

【ヨシダバージョン】

商品名全長ラインルアー標準自重アクション継数パワー希望小売価格
フェンウィック WCE510Y-CL-4J5’10″(178cm)(仕舞寸法:56cm)6-20lb1/8-5/8oz122gMS4pcL27,000円
(税込29,700円)
フェンウィック WCE60Y-CL-4J6’0″(183cm)(仕舞寸法:58cm)6-20lb1/8-5/8oz103gMS4pcL27,500円
(税込30,250円)

国内老舗メーカーであるティムコから発売されているパックロッドです。「フェンウィック」っていうのはブランド名なんだけど、国内バスフィッシングの黎明期からあります。今よりもずっとルアーフィッシングが一般的ではなくて、メーカーもずっと少なかった時代から存在していて、今の礎をつくった功労メーカーのひとつです。

「ワールドエクスペディション」の名が示す通り、バスだけでなくなんても使ってね的なロッドです。前述の「スコーピオン」と同じ位置づけですね。あちらは村田基氏がプロデュースしていますが、こちらには「ヨシダバージョン」というモデルが存在しており、吉田幸二氏が監修したロッドとなっています。吉田氏も村田氏と同じく、国内バスフィッシングの黎明期から活躍しているビッグネームです。

で、一番気になるのは「ヨシダバージョン」の「WCE510Y-CL-4J」ですね。これはグラスコンポジットのブランクを採用しており、貴重なグラスのパックロッドとなっています。グラス素材の特徴は、よく曲がり粘りがあることで、いま主流のカーボン素材が登場する以前に主流となっていました。このグラスの特性は特に巻き物(クランクやバイブレーションなどリトリーブ中心で使うルアー)に向いています。ガツンときたバスのバイトを弾くことなく乗せるのが得意なのです。そういう釣りが大好きって方は一度グラスロッドを使ってみてほしいですね。オールドテイストなデザインも相まって「WCE510Y-CL-4J」は魅力的なパックロッドだと思います。

惜しい点は、全機種ガイドリングがアルコナイトであることです。この価格帯ならSICリングを採用してほしかったところですね。

created by Rinker
ティムコ(TIEMCO)
¥31,202 (2024/07/15 07:10:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

ハイクラス(3~4万円)

この価格までサブロッドと位置づけられやすいパックロッドに出すのは、ちょっとVIPな人でしょう。このクラスならパックロッドとは思えないような性能を発揮してくれます。そう、つまりメインロッドとして使うべきだと、私は言いたい。

 

FDマルチピース

メーカー:インフィニットシードメーカーズ

モバイルタイプ:ジョイント(5ピース)

このロッドの特徴は、いちばんティップ側のピースが2種類あることです。

1つはチューブラーティップで、ハードベイトを中心に様々な釣りに対応します。もう1つはソリッドティップで、ワーミングを中心に様々な釣りに対応します。パックロッドの本質は、1本でもなんでもこなせることにあります。その点で、このデュアルティップという機構はとても理にかなっています。ちょっとお値段が張りますが、2つの性質を持っていると思えば、価格÷2ってことで実はお得!?

 

ワイルドサイド マルチピース

メーカー:レジットデザイン

モバイルタイプ:ジョイント(5ピース)

製品名
(Product name)
全長
(m)
標準自重
(g)
アクショングリップ長
(mm)
継数
(本)
適合ルアー
(g)
適合ライン
(lb)
カーボン
(%)
アラミド
(%)
グラス
(%)
品番JAN価格
(税抜)
WSS63L-51.91100MF22050.9-73-685105111-090457312635090933,000
WSS610ML-52.08117MF23551.8-113-885105111-091457312635091636,000
WSC60ML-51.83106MS21553.5-147-1485105111-080457312635080033,000
WSC68M-52.03125MF23555-188-1685105111-081457312635081736,000
WSC68XXH-5 “Big Bait Special”2.03187MS2605126g(4.5oz) MAX16-30751015111-082457312635082438,000
WSC611MH-52.11139MF24055-2110-2085105111-083457312635083136,000
「WSS」がスピニングモデル、「WSC」がベイトモデル

コアなファンに支持されているレジットデザイン。同社の代表的なロッドが「ワイルドサイド」で、これはそのマルチピース版です。このメーカーの特徴ともいえるアラミド繊維を織り込んだブランクは、このパックロッドでも採用されています。

どれも7フィート以下のレングスで5ピースということも相まってモバイル性能に優れています。それでありながら本格的なつくりとなっており、国内外問わず連れ出せる相棒として安心です。普段使いなら「WSC60ML-5」が汎用性に優れていて良いですね。フィールドにもよりますが、バスフィッシングで実際に使うルアーの多くって、14g以下だと思いますので。

created by Rinker
レジットデザイン(LEGIT DESIGN)
¥37,656 (2024/07/15 13:56:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

テレキャスト

メーカー:レジットデザイン

モバイルタイプ:テレスコピック(6ピース)

製品名全長
(m)
標準自重
(g)
アクショングリップ長
(mm)
継数
(本)
適合ルアー
(g)
適合ライン
(lb)
カーボン
(%)
アラミド
(%)
グラス
(%)
価格
(税抜)
TC-70XH BIG BAIT SPECIAL “Power Chord”2.13150MF2656Lure : MAX 4oz.Line : 14 – 30 lb.950533,000
TS-65L ALL ROUND SPECIAL“Legato”1.9699MF2456Lure : MAX 1/2oz.Line : 3 – 6 lb.950531,500
TC-70XHはベイト、TS-65はスピニング

レジットデザインのロッドが続きます。前述のワイルドサイドマルチピースがジョイント方式なら、こっちはテレスコピック。

レジットデザインの代名詞ともいえるアラミド繊維なんですけど、「使用0%かいっ!」ってツッコミを入れたくなりますね。反面、ガイドは通常のものを誘導にした仕様が採用されており、このあたりは本気テレスコピックを感じさせます。

注目はベイトモデル。MAX4oz(約113g)をキャストできるハイパワーロッド。これをテレスコピックでやるのは勇気が要りますよね。下手したら全然売れないわけだから。

ハイクラスのパックロッドになると、ほぼジョイント方式になるのでテレスコピックは貴重です。テレスコピックが好きって方はぜひ検討してみてください。

created by Rinker
レジットデザイン(LEGIT DESIGN)
¥31,679 (2024/07/15 13:56:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

フラグシップ(4万円以上)

ここから先は最先端技術の領域です。ものによっては各社の技術を結集させたパックロッドが登場します。私も発売当時はこのクラスに属していた「モアザンモバイル765MLX-5」というパックロッドを愛用していますが、もうすでに10年以上使っています。実は結婚前にずっと使えるパックロッドをってことで買ったのですが、本当にずっと使えています。

問題があるとすれば、新しいアイテムが発売しても、「これがあるからいいかな」って食指が動かなくなってしまうことですねw

 

ワールドシャウラツアーエディション

メーカー:シマノ

モバイルタイプ:ジョイント(5ピース)

品番全長(ft.)全長(m)テーパー継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径(mm)ルアーウェイト(g)ジグウェイト(g)適合ラインナイロン (lb)適合ラインPE(号)グリップ長(mm)適合Ex.バットカーボン含有率(%)本体価格(円)
1602RS-56’0″1.83RS542.71171.97~28MAX 16012~22MAX 2231Type A99.479,300円
1603RS-56’0″1.83RS542.41171.910~40MAX 18014~30MAX 3243Type A9980,300円
1604RS-56’0″1.83RS542.21271.915~80MAX 24016~40MAX 4252Type B99.181,400円
1652R-56’6″1.98R546.211727~28MAX 16012~22MAX 2243Type B9980,300円
1653R-56’6″1.98R546.2127210~40MAX 18014~30MAX 3243Type B9981,400円
1703R-57’0″2.13R547.11402.110~4014~30MAX 327898.582,400円
1704R-57’0″2.13R547.11452.115~8016~40MAX 427898.683,400円
2651F-56’6″1.98F546.71121.65~15MAX 805~12MAX 1.2212Type C98.280,300円
2702R-57’0″2.13R547.11221.97~20MAX 1208~20MAX 1.52729882,400円
2754R-57’6″2.29R550.31672.115~8016~40MAX 432998.387,600円
2832RS-58’3″2.51RS554.71451.87~3010~24MAX 231098.285,500円
2833RS-58’3″2.51RS554.71751.910~5012~30MAX 331596.886,500円

シマノが誇る「持ち運べるワールドスペック」です。世界の怪魚を相手にすることを前提としているので、どれも5ピースというコンパクト仕様になっています。

ブラックバスにはちょっと強いかも?という機種が多いですが、ビッグベイトやジャイアントベイトを使ったスタイル、ヘビーカバーにルアーをぶっこんでいくスタイルなど、いわゆるストロングスタイルに対応します。また、その強さを活かして、国内であってもソルトなどにフィールドを広げて大物と対峙できるだけのスペックを持っています。

大物志向が強い方にはこれ以上ないロッドとなることでしょう。このロッドを根元からぶち曲げるようなビッグフィッシュを獲った日には、一生残る思い出となるのでしょうね。

 

ポイズンアルティマ 5ピース

メーカー:シマノ

モバイルタイプ:ジョイント(5ピース)

品番全長(ft.)全長(m)テーパー継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径(mm)ルアーウェイト(g)適合ラインナイロン・フロロ(lb)適合ラインPE(号)グリップ長(mm)カーボン含有率(%)本体価格(円)
166L-BFS/56’6″1.98FF547.4901.33.5~106~1221099.997,900円
1610M-56’10”2.08RF549.21021.87~218~1624099.996,800円
1610MH-56’10”2.08F5491071.810~3010~2024599.997,900円
174MH+-57’4″2.24RF552.7122210~4210~2026599.999,900円
266L-56’6″1.98FF548771.13~103~6MAX 1.219099.998,900円

パックロッドの到達点とも言うべき、ウルトラハイエンドロッドです。ブランクが分割できるというマルチピースの特性に注目し、ティップからバットまで適材適所の製法を施したというからすごいです。

もはや性能面における【ワンピース>マルチピース】という常識はなくなりました。このロッドによって定説は覆されました。まさに究極のパックロッドと呼ぶに相応しいモデルです。ここまで突き詰めたシマノには拍手を送りたいです。

【関連記事】「ポイズンアルティマ5ピース」これこそ究極!?史上最強のパックロッドが爆誕!

広告
記事URLをコピーしました