特集!ベイトフィネス向けパックロッドセレクション!

【最近の更新】

●2020年2月、クワトロを追記。

ベイトフィネスも一時期の流行が落ち着いて、すっかり1ジャンルとして定着した感があります。

はっきり言って、単純にライトリグを扱うことを思えばスピニングタックルのほうが利点は多いし、繊細な操作もしやすいと思ってます。

 

だけどベイトフィネスは廃れなかった。

 

それはベイトタックルというギミックがメカ好きな釣り人の琴線に触れるからだと思ってます。

もちろん、カバーを太いラインを使ってライトリグで攻められるとか、軽量プラグが扱いやすいとか、きちんとした理由もありますが、そういう用途でベイトフィネスを使っているアングラーばかりではないはずです。

バスフィッシングってなんとなくベイトタックルで楽しみたいってアングラーは結構多いと思うんですよ。かくいう私もそのクチです。

我々趣味で釣りをしているアングラーにとって、釣りは遊びの延長戦にあるもの。

ベイトタックルで軽量ルアーを扱うという、ひと昔前なら夢のようなことを当たり前にできるようになったことにハァハァしちゃう、そんなゆるいスタンスでベイトフィネスに向いているパックロッドを紹介します。

 

スポンサーリンク

ベイトフィネスに向いているロッドって?

簡単にいうとスピニングロッドのL~MLみたいなロッドです。

ホント、スピニングロッドのガイドをベイト用に付け替えれば、ある程度使えるんじゃないのってくらい。

つまりは、軽量ルアーを扱うための繊細または柔軟なティップ、それでありながら太めのラインで強引なファイトをしても耐えられるベリーからバットにかけてある程度のハリがあるロッドですね。

ティップが繊細であるほど、ワーミングやスモールラバージグに向いており、全体的にある程度ハリがあるものは軽量ルアーのプラッギングに向いています。

パックロッドでは選択できる種類がありませんが、1ピースや2ピースのベイトフィネスロッドでいうところのULがワーミング向け、Lがプラッギング向けという住み分けをしているメーカーが多いですね。

これから紹介するパックロッドにはそのあたりの要素も含めて紹介します。

 

バス釣り向けベイトフィネスパックロッド

タイプ(テレスコピックorマルチピース)、フィネス度(5点満点、多いほどフィネス寄り)、スペックを基にそれぞれレビューします。

自分の釣りに合わせてチョイスしてください。現状、ベイトフィネスに向いているパックロッドは少なくてちょっと寂しいですが、その分迷わないで済むとポジティブにとらえようじゃないか。

トレイルブレイザーTBC-644LF(ラパラ)

タイプ:ジョイント(4ピース)

フィネス度:★★★★☆

Model Length(ft) pcs Lure(oz) Line Action Type
TBC644LF 6′ 4” 4ピース 1/16-1/4 4-10Lb Fast ベイト

まさにL~MLクラスのスピニングロッドをそのままベイトロッドにしましたという感じで、ワーミングからプラッギングまで無難に対応してくれます。

スペックではルアーウェイトが1/4oz(約7グラム)となっていますが、ベリーからはある程度ハリがありますので、3/8oz(約10グラム)くらいまでならキャスティング可能です。とにかくバーサタイルに使えますので、オカッパリで1本しか持ち歩かないって場合にはこれをチョイスしておけばあらかた対応できますね。

このロッドは実際に筆者が購入、使用しています。詳細レビューは下記記事を参照してください。

https://www.bakuchooo.com/entry/2017/04/17/post-410/

ベイトモデルは「TBC」ですよ。「TBS」はスピニングなので注意してくださいね。

 

 

トラギアティップトップC636ML(エイテック)

タイプ:テレスコピック(6ピース)

フィネス度:★★★★☆

モデル 標準全長
(ft)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
ルアー
(g)
下錘
(号)
ライン
(LB)
グリップ
タイプ
メーカー希望
本体価格(円)
コード
C636ML 6.3 6 41.0 93.0 1.4 11.6 5-18   6-14 E 10,000 4516508 69063 7

このロッドの良いところは安いこと。当ブログ認定の最安ベイトフィネス対応パックロッドです。

仕舞寸法も短く、ガイドも安心のフジ工業製なので最低限のスペックは満たしています。

3グラム以下の超軽量ルアーを使うというよりは、3~10グラムくらいでオカッパリバーサタイル的に使えるロッドです。組み合わせるリールも、ダイワで言うところのエアーモデルだけでなく、SVモデルを合わせても良いですね。

テレスコピックなのでラインを通したままサッと仕舞えるのも利点。ヤブ漕ぎをしたり、チャリでランガンするときにも扱いやすいです。

 

created by Rinker
アルファタックル(alpha tackle)
¥6,367 (2021/10/16 06:42:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

トラウティンマーキスナノ(アブガルシア)

タイプ:テレスコピックとジョイント両方あり

フィネス度:★★★★★

製品名 タイプ 継数 全長(ft/cm) 仕舞(cm) 標準自重(g) 先径(mm)/元径(mm) ルアー(g) ライン(lb) 使用材料 パワー テーパー/アクション 製法 メーカー希望本体価格(税抜)
TMNC-485UL II TE BC 5 4’8″/142 47.8 71 1.22 2~8 3~6 カーボン95%,グラス5% UL/ウルトラライト R/レギュラー チューブラー ¥23,500
TMNC-516L II TE BC 6 5’1″/155 50 77 1.22 2~10 4~8 カーボン95%,グラス5% L/ライト R/レギュラー チューブラー ¥24,000
TMNS-485UL II TE SP 5 4’8″/142 42.9 68 1.22 1.5~5 3~6 カーボン95%,グラス5% UL/ウルトラライト R/レギュラー チューブラー ¥23,500
TMNS-516L II TE SP 6 5’1″/155 47.3 74 1.22 2~8 4~8 カーボン95%,グラス5% L/ライト R/レギュラー チューブラー ¥24,000
TMNS-566L II TE SP 6 5’6″/168 49.8 78 1.22 2~8 4~8 カーボン95%,グラス5% L/ライト R/レギュラー チューブラー ¥24,500
TMNC-575L MB BC 5 5’7″/170 41 82 1.42 2~10 4~8 カーボン95%,グラス5% L/ライト R/レギュラー チューブラー ¥24,000
TMNS-535UL MB SP 5 5’3″/160 35 72 1.23 1.5~6 3~6 カーボン95%,グラス5% UL/ウルトラライト R/レギュラー チューブラー ¥23,500
TMNS-575L MB SP 5 5’7″/170 37.1 82 1.42 2~10 4~8 カーボン95%,グラス5% L/ライト R/レギュラー チューブラー ¥24,000
TMNS-605L MB SP 5 6’0″/183 39.6 90 1.36 2~10 4~8 カーボン95%,グラス5% L/ライト R/レギュラー チューブラー ¥24,500
TMNS-665L MB SP 5 6’6″/198 42.9 95 1.2 2~10 4~8 カーボン95%,グラス5% L/ライト R/レギュラー チューブラー ¥25,000

ちょっと趣向を変えてトラウトロッドの流用をおススメします。

スペック表は、スピニングモデルも混ざっていますのでご了承ください。機種末尾が「TE」がテレスコピック、「MB」がジョイントタイプになります。

トラウトロッドを使うことの利点は、短いレングスによる圧倒的な取り回しの良さにあります。

メインフィールドがロングキャストを必要としないような小場所であったり、キャストスペースがあまりないような山間部野池のようなフィールドであれば、かなり有用な選択肢になると思います。

短いし軽い!ベイトリールで最も軽い同社の「Revo LTX-BF8(129グラム)」と組み合わせれば、ほぼ200グラムと別次元の軽量タックルが完成します。

最強取り回し重視タックルでショートレンジのキャストをバシバシと決めるとか、想像するとちょっとワクワクしますよね。

トラウトロッドなので全体的に柔らかめです。

実はわたしもベイトフィネスパックロッドを模索しているときにトラウトベイトロッドを流用していましたが、ワーミングやスモラバではフッキングパワー不足しがちです。

どちらかといえば、しなやかさを活かしてプラッギングなど巻く釣りに向いていますね。そもそも渓流で小型ミノーを使ってマス類を釣ることを目的にしているロッドだしね。

ベイトフィネスに流用するのなら、長くて強い機種がいいです。

テレスコピックがいいなら、「TMNC-516L II TE」

ジョイントがいいなら、「TMNC-575L MB」

短いことを活かして、子どもに与えてもいいかもしれませんね。

 

 

ソルティーステージ・KR-X・ベイトフィネスカスタムSBFC-745MLS-KR(アブガルシア)

タイプ:ジョイント(5ピース)

フィネス度:★★★☆☆

製品名 継数 全長(ft/cm) 仕舞(cm) 標準自重(g) 先径(mm) 元径(mm) カーボン含有率(%) ルアー(g) PEライン(号) Line(lb) パワー(action) メーカー希望本体価格(税抜)
SBFC-745MLS-KR 5 7’4″/224 48.6 118 1.1 9.2 95% 1.5-18 0.4~1.0 5~12 ML(ミディアムライト) ¥27,500

これまた趣向を変えて今度はソルトベイトフィネスロッドより。発売が2015年なので少し古いですが、同じ性質を持った新製品がないんだからしょうがない。

このロッドの利点は前述のトラウティンマーキスナノとは真逆です。大場所でロングキャストを要するところでオススメですね。やっぱりロングロッドは遠投できることがメリットですからね。

ティップはソリッドなので軽量ルアーでもしっかりと操作できます。ただし、巻抵抗の強いルアーはソリッドティップが負けてしまうので、ワーミングやスモラバ向きですかね。

バッドはガチガチなのでカバーから引きずり出すような釣りでもOKです。

本来はソルトベイトフィネスロッドで、メバルやアジに使うには少し硬いかもしれませんが、港湾部でのシーバスフィッシングには最高のパフォーマンスを発揮します。特にバチ抜けとか繊細なアタリをとっていく釣りには。

というわけで、むしろシーバスがメインだぜって人にももちろんオススメです。メバルとかアジに使いたいって人は同シリーズの「SBFC-694ULT-MB-KR」が良いです。

 

 

ホーネットスティンガープラス HSPC-694ML-BF MGS(アブガルシア)

タイプ:ジョイント(4ピース)

フィネス度:★★★★☆

製品ID JAN/UPC 製品名 タイプ 継数(※1グリップ゚脱着式) 全長(ft/cm) 仕舞(cm) 標準自重(g) 先径(mm)/元径(mm) ルアー(oz) line(lb) 使用材料 パワー テーパー/アクション 製法 メーカー希望本体価格(税抜
1477890NEW 036282957893 HNT STINGER PLUS HSPC-694ML-BF MGS BC 4 6’9″/206 54.8 124 1.40/9.1 1/16~5/16 6~12 カーボン95%,グラス5% ML/ミディアムライト F/ファースト チューブラー ¥18,000

実は少ない、バスロッドのベイトフィネス向けパックロッドがアブより発売になりました。用途そのままを想定して作られたモデルなので安心ですね。

ミディアムライトパワーなので、ベイトフィネスロッドとしてはパワーを少し持たせており、ライトルアーを中心に幅広く対応してくれそうです。

6.9フィートという長めのレングスといい、おかっぱりバーサタイルスタイルに良さげですね

 

 

クロスフィールド XRFC-654ML-BF-MB(アブガルシア)

タイプ:ジョイント(4ピース)

フィネス度:★★★☆☆

製品名 タイプ 継数 全長(ft/cm) 仕舞(cm) 標準自重(g) 先径(mm)/元径(mm) ルアー(g) PEライン(号) カーボン含有率(%) パワー メーカー希望本体価格(税抜)
XRFC-654ML-BF-MB BC 4 6’5″/195.6 53.0 120 1.3/10.1 2-18g 0.4~1.2 1.0 ML(ミディアムライト) ¥12,000

アブガルシアのなんでもシリーズである「クロスフィールド」にモバイルモデルが加わりました。これはそのうちのひとつで、ベイトフィネス対応モデルです。

スペック的にはガチガチのベイトフィネスという感じではなく、マックス18グラムまで背負えるパワーを持たせています。

一方で最小は2グラムからと、幅広いウェイトに対応しています。これは、ティップを柔らかく、バッドをカチカチに仕上げているからです。

ソルトならロックフィッシュやチニングとも相性が良さそうですね。

バス釣りだと、ベイトフィネスっていう感じではないかもしれないですね。MLくらいの普通のベイトロッドと大差ない気がしますので。

 

あのクロスフィールドにMB(モバイル)モデルが追加・・・だと
クロス・・・それは交わること。 フィールド・・・それは釣り場や釣りものを表す。 クロスフィールド・・・それは釣り場や釣りものにとらわれない自由な発想を指す。 アブガルシアの名竿、クロスフィー...

ワイルドサイドWSC60ML-5(レジットデザイン)

タイプ:ジョイント(5ピース)

フィネス度:★★★☆☆

  • レングス:6ft
  • アクション:ミディアムスロー
  • 自重:106g
  • 継数:5
  • モバイルレングス:42cm
  • 適合ルアー:3.5-14g
  • 適合ライン:7-14lb
  • 価格:30500円

なんだか玄人から支持されているイメージのあるレジットデザインから登場です。

レジットデザインのブランクは「アラミド繊維」なるものが使われており、強度が高められているのが特徴です。パックロッドは継数が多くなる分、どうしても強度的に不利になりますが、強度が高められているっていうのは安心感がありますね。

あと、独特の模様があってデザイン的にも惹かれるものがあります。

あとは6フィートという最近のバスロッドとしては短いレングスでありながら、5ピースを採用しているため、モバイル性能に優れているのもポイント高いですね。

ちょっと高いのがネックですが、総じてオススメできるベイトフィネス向けのパックロッドです。

 

created by Rinker
レジットデザイン(LEGIT DESIGN)
¥28,614 (2021/10/16 18:07:45時点 Amazon調べ-詳細)
あのレジットデザインからパックロッドが新登場!
なんだかやり込んでいるバサーから評判が良さげなメーカー「レジットデザイン」。 新興メーカーではあるけど、もともとロッド開発に関わってきた人が結託して立ち上がったメーカーみたいで、ノウハウはかなりの蓄積があるようですね。 ...

エアエッジモバイル664MLB(ダイワ)

タイプ:ジョイント(4ピース)

フィネス度:★★★☆☆

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元経
(mm)
ルアー重量 ライン カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
(g) (oz.) (lb.)
664MLB 1.98 4 54 110 1.7/14.9 3.5~14 1/8~1/2 6~14 99 28,200 218528

ダイワの人気バスロッド、エアエッジのモバイルバージョンです。

ベイトフィネスというよりは、ライトバーサタイルって感じの仕様ですね。同じく2019年に発売となったベイトリール、アルファスCTSVと相性がよさそうです。

おかっぱりで使う機会の多い5グラム前後のルアーを中心に、快適な釣りを提供してくれそうです。いざとなれば抜き上げられるくらいのパワーがあるのもいいですね。

 

「エアエッジモバイル」軽量!コンパクト!エアエッジが待望のパックロッド化!
ダイワのミドルレンジのバスロッドである「エアエッジ」 2万円前後の価格帯ながら、HVFカーボンやX45などの本格素材、製法が用いられており、価格と性能のバランスが良いモデルとして人気を博しています。 前々...

フリーゲームXT B64L(シマノ)

B76M<span style="color:red">【追加】</span>

※画像はB76Mです。

タイプ:ジョイント(4ピース)

フィネス度:★★★★☆

品番 全長
(m)
継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
キャスト
ウェイト(g)
バーチカル
ウェイト(g)
錘負荷
(号)
適合ライン
PE(号)
適合ライン
ナイロン(lb)
カーボン
含有率(%)
リールシート
位置(mm)
本体価格
(円)
B64L 1.93 4 52.7 99 1.4 3~14 8~20 0.3~0.8 3~8 92.1 236※D 22,000

シマノのパックロッドシリーズ、フリーゲームXTのなかで最もライトなベイトモデルです。

メーカー的にもトラウトが一番ハマるとおススメしているのベイトフィネス向けモデルで、当記事で紹介しているなかでもかなりベイトフィネスにハマるパックロッドです。

6.4フィートと取り回しがよく、何かとつぶしの効くレングスになっているので、バスやトラウトだけでなく、ソルトのライトゲームで使っても楽しそうです。

これはかなりおススメしたい一本です。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥16,940 (2021/10/15 20:05:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

クワトロ ベイトモデル(パームス)

QTRGC-46XUL
QTRGC-53UL
QTRGC-63L

タイプ:ジョイント(4ピース)

フィネス度:★★★★☆~★★★★★(機種による)

Model No. Length Piece Power Lure PE Rod Wt. Pack Length Price
QTRGC-46XUL 4ft.6inc. 4 XUL 1.5-5g 1-4lb 90g 38cm ¥17,500
QTRGC-53UL 5ft.3inc. 4 UL 2-6g 2-5lb 98g 45cm ¥18,500
QTRGC-63L 6ft.3inc. 4 L 3-10g 3-8lb 124g 52cm ¥19,500

まだまだパックロッドが少なかった時代。その印象的なイエローブランクでハイエンドロッドだったクワトロは、2020年にミドルレンジのモデルとして復活しました。

スピニングモデルは、シーバスまで視野に入れるような機種もありますが、ベイトモデルはライトなロッドが中心となっています。トラウト系に強いパームスらしく、渓流ベイトフィネス対応のロッドから、汎用性のある6フィート台のロッドまでそろっています。

ブラックバスに使うのなら、圧倒的に「QTRGC-63L」がオススメです。ルアーウェイトは3g~とめちゃくちゃフィネスってわけではないですが、実際にバス釣りでよく使うウェイトを抑えており、ベイトフィネスリールやSV系のリールとあわせることで、ライトバーサタイルタックルが完成します。

created by Rinker
パームス
¥18,233 (2021/10/16 17:53:57時点 Amazon調べ-詳細)
パームス「クワトロ」復活した、あの鮮烈な、黄色いやつ
※2021年2月3日ベイトモデルの項を追記 株式会社パームスってご存じあります?ソルト系を中心にロッドやルアーをつくっている会社で、ソルトルアー界においては老舗といっていいくらいの歴史はあるでしょう。1990年代後...
タイトルとURLをコピーしました