パックロッド

【2023年版】シーバス編パックロッド特集!(クロダイ、タチウオ、ショアジギもOK)

cyoshi

シーバス向けのパックロッドをまとめた特集記事になります。もちろん、シーバスだけでなく、機種によってはクロダイやタチウオ、ショアジギング、サーフフィッシングなど、様々な釣りに流用できます。予算に合わせて選びやすいように、価格帯別に分類していますので、自分にピッタリなパックロッドを見つけられればと思います。

なお、廃盤であったり、Amazonや楽天市場で在庫の確認できないものは、実質的に購入が難しいので省いています。また、実勢価格だと割引によって左右されてしまうため、定価で分類しています。

 

これは筆者の相棒「モアザンモバイル765MLX‐5」です。かれこれ10年の付き合いになります。

 

広告

エントリークラス(1万円以下)

パックロッドに限らずですが、安物は品質が安定しないため、初期不良で簡単に破損することがあります。旅行などに持っていくのであれば、旅先でのトラブル回避のために事前の試し使用をオススメします。

  

マイクロソルトSE(プロックス)

メーカー:プロックス

タイプ:テレスコピック

機種長さ継数仕舞寸法自重ルアー重量ラインPEライン希望価格
MSS70MLTC216+15cm8+137cm7-21g8-16lb9000円
MSS80MLTC249+15cm9+139cm7-21g8-16lb9500円
MSS70MLTS216+15cm8+136cm7-21g8-16lb9000円
MSS80MLTS249+5cm9+138cm7-21g8-16lb9500円

2020年6月、二代目となるSE(セカンドエディション)にモデルチェンジします。

このシリーズの魅力は、とにかく仕舞寸法が短いことです。8フィートモデルでは、なんと9本継でアンダー40cmの仕舞寸法を実現しています。継数が多いってことは、それだけ強度的にもアクション的にも不利なので、そこを踏まえたうえで検討しましょう。

ただ、ベイトモデルもラインアップにあるのは面白いところです。シーバスに使えるレングスと、パックロッドらしいモバイル性能を兼ね揃えた貴重なロッドであることには間違いないです。

↓購入し、シーバスを釣りました。思ったよりもきちんと使えるロッドです。

created by Rinker
プロックス(Prox)
¥8,368 (2024/05/18 15:50:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

ルアーマチックMB

メーカー:シマノ

モバイルタイプ:ジョイント

品番全長(ft.)全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径(mm)ルアーウェイト(g)適合ラインナイロン・フロロ(lb)適合ラインPE(号)グリップタイプリールシート位置(mm)リールシートタイプカーボン含有率(%)本体価格(円)
S70UL-37’0″2.13374.8801.30.8~102~50.2~0.8ストレート201UPLOCK87.2バリュープライス
S76UL-47’6″2.29462.4911.30.8~102~50.2~0.8ストレート231UPLOCK87.6バリュープライス
S80L-48’0″2.44466.21281.65~253~100.4~1.2ストレート352UPLOCK92.9バリュープライス
S86ML-48’6″2.59469.91431.66~324~120.6~1.5ストレート362UPLOCK92.5バリュープライス
S90ML-49’0″2.74473.71521.66~324~120.6~1.5ストレート371UPLOCK94バリュープライス
S96M-49’6″2.9477.81661.78~456~160.8~2ストレート408UPLOCK93.5バリュープライス

前述の「ルアーニストモバイル」と価格帯も仕様も似通っています。こちらはショートレングスがありませんが。「ルアーニストモバイル」と迷ったら、ダイワ派かシマノ派かで選んで良いでしょう。

同社で比べれば、「フリーゲーム」と同価格帯になります。その点はジョイントかテレスコピックかで選んで良いでしょう。

 

ミドルローエンド(1万円~2万円)

昨今の技術進化も手伝って、この価格帯のロッドであれば満足のいく性能は備えています。

こういう記事を書いている側からしても、価格と性能のバランスが一番取れているのがこのクラスなので勧めやすいですね。サブロッドを探している人も、これからルアーフィッシングを始めようって人も、このクラスからチョイスするのが一番間違いないと思います。

あ、シーバスフィッシングを想定した場合ですよ。キャスティング回数も少なくて負荷の少ないちょい投げとかならもっと安価なもので全然OKです。

 

トラギアノート

メーカー:エイテック

タイプ:テレスコピック

発売年月:2023年5月

モデルレングス継数モバイルレングスカーボン含有量自重先径元径ルアーウェイトラインウェイト希望価格(円)
S636UL6ft3in639cm98%91g1.0mm10.4mm2-5g10,000
S636L6ft3in639cm98%93g1.2mm10.7mm3-10g10,500
S706L7ft644cm98%108g1.2mm9.9mm3-10g11,000
S866ML8ft6in650.5cm98%130g1.3mm12.1mm5-21g11,500
S906ML9ft654cm98%134g1.3mm12.1mm5-21g12,000
S706M7ft644cm98%122g1.6mm11.8mm5-40g11,500
S806M8ft648.5cm98%134g1.7mm13mm5-40g12,000
S906MH9ft653.5cm98%155g2.0mm13.3mm5-45g13,000
S1006MH10ft659cm98%189g2.0mm14.6mm5-45g14,000
※用途にこだわらず全機種を掲載しています

リーズナブルなテレスコロッドといえばトラギアシリーズ。2023年は進化を遂げて、トラギアティップトップからトラギアノートへと生まれ変わりました。初代から数えてすでに10年以上が経つ、息の長いパックロッド。幅広いラインナップを誇りますが、シーバスに使うのであれば7フィート以上、ミディアムライトパワー以上が良いでしょう。

created by Rinker
トラギア(Trgr)
¥8,800 (2024/05/18 19:04:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

23フリーゲーム(シマノ)

メーカー:シマノ

モバイルタイプ:テレスコピック

品番全長(ft.)全長(m)継ぎ方式継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径(mm)キャストウェイト(g)エギサイズ(号)錘負荷(号)適合ラインナイロン (lb)適合ラインPE(号)リールシート位置(mm)リールシートタイプカーボン含有率(%)本体価格(円)
S76UL7’6″2.29振出467.61071.31-71.5-23-152-80.3-0.8291UPLOCK62.812,300円
S76L7’6″2.29振出467.61101.32-141.8-35-203-100.4-1301UPLOCK68.412,800円
S76ML7’6″2.29振出467.61121.35-352-3.58-254-120.6-1.2311UPLOCK6813,300円
S80ML8’0″2.44振出470.51251.65-352-3.58-254-120.6-1.2363UPLOCK84.213,800円
S86ML8’6″2.59振出474.11301.65-352-3.58-254-120.6-1.2378UPLOCK87.214,300円
S90ML9’0″2.74振出478.21401.85-352-3.58-254-120.6-1.2408UPLOCK85.114,800円
S96M9’6″2.9振出482.21501.97-482.5-410-306-160.6-1.5428UPLOCK90.615,300円
※全機種を記載しています

ちゃっかりモデルチェンジしたシマノのフリーゲーム。シーバスゲームに対応するのはパワーがML~Mの機種になります。仕舞寸法が長めなのでカバンに収納はできそうにありません。コンパクトなロッドとして、車載したり、ケースに入れて単体で持ち歩く感じですね。

クロスフィールドMB(アブガルシア)

メーカー:アブガルシア

タイプ:マルチピース

機種長さ継数仕舞寸法自重ルアー重量ラインPEライン希望価格
XRFC-704M-MB213cm457cm140g3.5-24g0.8-1.5号12500円
XRFS-734L-MB221cm459cm104g0.8-14g0.6-1.2号12500円
XRFS-835M-MB251.5cm554cm151g5-30g0.8-1.5号13000円
XRFS-935M-MB281.9cm560cm175g7-35g0.8-1.5号14000円

アブのいいところはリーズナブルながら高級感のあるコスメティック面。それでありながら性能もしっかりしているのでホントにコスパの良さを感じますね。

シーバスならXRFS-835M-MBもしくはXRFS-935M-MBが良いでしょう。

注目はベイトモデルのXRFC-704M-MBです。バスロッドで7フィートくらいの長さがあるベイトのパックロッドって、どれもMHとかパワーゲーム向けのものばかり。それだと、巻きの釣りが主体のシーバスゲームとは相性がよろしくないんですね。

その点、これは最低ルアーウェイトが3.5グラムからとティップに柔らかさを持たせているので、シーバスにも流用しやすくなっています。

詳しい解説は下記記事よりどうぞ。

 

ルアーニスト モバイル

メーカー:ダイワ

モバイルタイプ:ジョイント

品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量(g)
ルアー
重量
エギ(号)
ライン
(lb.)
ライン
PE
(#)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
56UL-41.68448951.4/7.90.8~72~68811,100
66L-41.984551201.5/10.41~103~89011,300
68L-S-42.034561200.8/9.91~103~89011,500
76ML-42.294631351.6/11.45~256~120.6~1.29311,700
86ML-42.594711451.6/11.95~252.5~3.56~120.6~1.29312,000
96M-42.94781902.2/14.97~358~160.6~1.59312,500
96MH-42.94782052.2/14.910~4010~200.8~2.09413,000

シーバスには、76ML-4以上の機種がオススメです。

低価格帯のパックロッドが新登場です。ダイワの同価格帯のパックロッドでは「クロスビートSW」がありますが、あちらはテレスコピックで、こちらはジョイントです。ジョイントの利点として、ガイドが通常タイプとなること、テレスコピックと違って使用中にガイドが緩んで回転しないことがあります。

ただし、ガイドが「Kガイド」ではありませんので、PEライン使用時はガイドへの絡みが起きやすいことが気になります。

とはいえ、安心大手のダイワからこの価格帯のジョイントタイプのパックロッドが出たことは嬉しいですね。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥9,558 (2024/05/18 11:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

クロスビートSW

メーカー:ダイワ

タイプ:テレスコピック

品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(エギサイズ/号)
(g)
ライン
(lb.)
ラインPE
(#)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
666TUL1.986411051.2/11.40.8~72~6889,800
746TUL2.246461101.3/11.90.8~72~68810,500
766TML2.296471161.5/12.95~286~120.6~1.28811,200
836TML2.516521551.5/14.35~28(2.5~3.5)6~120.6~1.29211,900
907TM2.747501731.5/16.37~35(2.5~4.0)8~160.6~1.59012,600
967TMH2.907521751.6/17.310~4010~200.6~2.09313,300
※全機種を掲載しています

シーバスに使うのなら、パワーがML~MHのものを選びましょう。港湾部や小規模河川などで軽めのルアーが中心ならML。サーフや大河川などでメタルバイブなどをぶっとばしたいのならMかMH。

全体的に仕舞寸法が短く収まっており、全長が290センチであっても仕舞52センチというモバイル性能が素晴らしいですね。ロングロッドでモバイル性能を重視するとき、ジョイント方式ではどうしてもジョイント部のすっぽ抜けが気になってしまいますが、テレスコピックならその心配はありません。

トップガイドにはSICリングを搭載しています。価格、装備、モバイル性能とトータルバランスに優れた良ロッドに仕上がっています。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥10,780 (2024/05/18 19:04:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

クロステージ 4ピース シーバスモデル

ModelPRICE
(税込価格)
全長
(ft)
継数
(pcs)
ルアー
(g)
ライン
(lb)
ライン
(PE)
アクション仕舞寸法
(cm)
CRX-904ML\13,300
(\14,630)
9’0”410
-30
8-140.8
-2.0
RF73
CRX-964ML\13,500
(\14,850)
9’6”410
-30
8-140.8 -2.0RF77
CRX-964M\14,000
(\15,400)
9’6”415
-42
8-200.8
-2.5
R77

コスパの良いメジャークラフトのなかでも、さらにコスパの良さが光るクロステージシリーズ。現在は3代目になります。たぶんだけど、3代目が在任期間が1番長いと思われます。

2代目で型番が「904L」のクロステージを少し使っていましたが、シーバスロッドの中でも柔らかめで、個人的には好きでした。結局、70cmオーバーのモバイルレングスが気になってしまって、手放したんですけどね。

3代目もロングレングス&4ピースなので、モバイル性能はそこそこです。しかし、ガイドはKフレームガイドにアルコナイトリングが搭載されており、価格を踏まえると良い仕様となっています。ある程度短くなればOKって人には良いと思います。

 

モバイルパック

メーカー:ダイワ

タイプ:テレスコピック

全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量
(g)
適合エギ
(号)
ナイロン
(lb.)
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
646TUL1.93641941.2/11.81~62~60.2~0.69013,600
666TL1.98641981.3/11.82~103~80.3~0.89114,600
746TUL2.246461021.2/11.81~62~60.2~0.69116,000
766TML2.296491221.5/14.85~252.5~3.56~120.6~1.29216,900
866TML2.596541331.6/14.85~252.5~3.56~120.6~1.29317,500
905TM2.745651701.4/14.87~353.0~4.08~160.6~1.59218,500
965TMH2.95681751.6/15.310~4010~200.8~2.09219,500
665TMB1.985481251.6/12.87~358~160.6~1.59117,000
765TMHB2.295541401.8/14.810~4010~200.8~2.09318,000

前述のクロスビートSWと立ち位置が近いですが、このモバイルパックのほうがグレードは上になります。このロッドのセールスポイントはブランクにダイワの中級機種で採用される「HVFカーボン」が使われていること。

一方でガイドではコストカットをしています。「SICリング」はトップガイドのみの採用となり、フレームもテレスコピック用のものが使われています。昨今のテレスコピックは、通常のガイドフレームを誘導式にしたものが使われることもあるため、ここは頑張ってほしかったところです。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥14,286 (2024/05/18 18:48:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

ソルトセイスFE 80/86ML

メーカー:プロックス

タイプ:ジョイント

機種長さ継数仕舞寸法自重ルアー重量ラインPEライン希望価格
SASF8086ML240/259cm5+157cm154g9.5-23g8-16lbOPEN

大阪が誇る奇才メーカー、プロックスが生み出したデュアルレングスというギミックを搭載したマルチピースロッド。なんど8フィートからラインを通したままで8.6フィートに変更できます。

これはガイドがついていないセクションを間に挟むことで実現しています。

8フィートが8.6フィートになっても、そんなに変わらないんじゃ・・・というツッコミは控えるように!思いついたらやってみる、これができないばかりに機会損失している人がなんと多いことか、この現代(わたしもその一人)

created by Rinker
プロックス
¥14,540 (2024/05/18 20:45:55時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

プロックス「ソルトセイスFE80/86ML」

 

ソルティスタイルカラーズ

メーカー:アブガルシア

タイプ:ジョイント

製品名タイプ継数全長(ft/cm)仕舞(cm)標準自重(g)先径(mm)/元径(mm)ルアーPEライン(号)パワーテーパー/アクション製法使用材料メーカー希望本体価格(税抜)
STCS-554LS-PBSP45’5″/16545920.8/8.60.2-5g0.2-0.8L(ライト)エクストラファーストソリッドカーボン98%,グラス2%¥16,500
STCS-554LS-AYSP45’5″/16545910.8/8.60.2-5g0.2-0.8L(ライト)エクストラファーストソリッドカーボン98%,グラス2%¥16,500
STCS-664LS-CPSP46’6″/19853.51010.8/8.60.2-7g0.2-0.8L(ライト)エクストラファーストソリッドカーボン98%,グラス2%¥16,500
STCS-664LS-LGSP46’6″/19853.51000.8/8.60.2-7g0.2-0.8L(ライト)エクストラファーストソリッドカーボン98%,グラス2%¥16,500
STCS-664LS-POSP46’6″/19853.51000.8/8.60.2-7g0.2-0.8L(ライト)エクストラファーストソリッドカーボン98%,グラス2%¥16,500
STCS-774LT-SRSP47’7″/23161.51061.1/9.90.5-10g0.4-0.8L(ライト)ファーストチューブラカーボン98%,グラス2%¥17,500
STCS-774LT-NGSP47’7″/23161.51061.1/9.90.5-10g0.4-0.8L(ライト)ファーストチューブラカーボン98%,グラス2%¥17,500
STCC-704LT-NGBC47’0″/21356.51181.1/11.12-18g0.5-1.5L(ライト)ファーストチューブラカーボン98%,グラス2%¥17,500
STCC-704LT-AYBC47’0″/21356.51211.1/11.12-18g0.5-1.5L(ライト)ファーストチューブラカーボン98%,グラス2%¥17,500
STCC-704LT-SBBC47’0″/21356.51201.1/11.12-18g0.5-1.5L(ライト)ファーストチューブラカーボン98%,グラス2%¥17,500
STCS-805MT-SRSP58’0″/24453.51711.7/12.27-30g0.8-1.5M(ミディアム)レギュラーファーストチューブラカーボン85%,グラス15%¥17,500
STCS-805MT-SBSP58’0″/24453.51691.7/12.27-30g0.8-1.5M(ミディアム)レギュラーファーストチューブラカーボン85%,グラス15%¥17,500

スペックだけでなく、カラーリングでも差別化しちゃったユニークなシリーズです。アブガルシアのこういう試みは良いですよね。性能もしっかりしていますし。

シーバスには8フィート以上のモデルがおススメです。バチ抜けなど、繊細な釣りにはSTCS-774LTもよさそうですね。また、貴重なベイトフィネス向けのパックロッドもラインアップされています。

これの個別記事はちょっと楽しんで書けたので読んでほしいです。。。

アブガルシア「ソルティスタイルカラーズ」オシャレに決められるパックロッドが新登場!

created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥12,862 (2021/01/18 16:08:04時点 Amazon調べ-詳細)

  

ミドルエンド(2万~3万円)

ここまでくると、メインロッドとして使っても大方の人が満足できるレベルです。日頃からパックロッドを使っている、外せない遠征に持っていく、そんな方にはこのクラス以上をオススメしたいですね。

 

フリーゲームXT(シマノ)

メーカー:シマノ

タイプ:ジョイント

機種長さ継数仕舞寸法自重ルアー重量ラインPEライン希望価格
S86ML259cm556.4cm115g6-28g5-14lb0.4-1.2号24500円
S86M259cm556.4cm125g8-35g6-16lb0.5-1.5号25000円
S96ML290cm654.6cm155g6-32g5-14lb0.4-1.2号25500円
S96M290cm654.6cm160g8-40g6-16lb0.5-1.5号26000円
S100MH305cm657.1cm195g10-56g8-20lb0.6-2号27000円
S106M320cm659.6cm205g8-45g6-16lb0.5-1.5号27000円
B76M229cm550.5cm148g7-28g10-20lb1.0-2.0号24000円

一番短い機種でも8フィート6インチ、一番長い機種で10フィート6インチという、パックロッドにしては珍しいロングレングス中心のロッドです。同時に、待望のシマノでボリュームゾーンに位置づけられる、シーバスやサーフフィッシング向けのパックロッドでもあります。

ロングレングスながら仕舞寸法はすべて60センチ以内に収まっているので、モバイル性能にも優れています。

 

 

アウトバック

f:id:yfktfamille:20170113220221j:image

メーカー:テイルウォーク

タイプ:ジョイント

MODELLENGTH(ft.in)PIECECLOSED LENGTH(cm)ROD WEIGHT(g)LURE WEIGHT(g)LINE WEIGHT(lb)RETAIL PRICE(JPY)
NS765L7’6″550110max 25max 1226000
NS886L8’8″649130max 28max 1428000
NS433ML4’3″34780max 18max 1021000
NS624ML6’2″451105max 25max 1223000
NS705ML7’0″547120max 30max 1427000
NS866ML8’6″648160max 30max 1428000
NS695M6’9″546125max 30max 1424000
NS765M7’6″550135max 35max 1626000
NS705MH7’0″547130max 35max 1627000
NC765L7’6″550135max 25max 1228000
NC584ML5’8″447110max 25max 1222000
NC624M6’2″451130max 30max 1623000
NC624MH6’2″451132max 40max 2025000
NC695MH6’9″546155max 40max 2024000
NC604H6’0″450140max 45max 2526000
NC695H6’9″546165max 45max 2525000

豊富なラインナップと全機種で優れたモバイル性能が魅力のロッド。シーバスに使うなら、7~8フィート代のものが良いですね。シーバスゲームを幅広くカバーしたいのなら「NS866ML」が1番でしょう。

スピニングだけでなくベイトまであるのが良いところで、シーバスに限らず、あらゆる釣りをカバーしています。特に「NC765L」は、長めでライトなベイトという、パックロッドでは珍しい設定。ベイトタックルが好きな方は、これでライトゲームやシーバスゲームを楽しんではいかがでしょうか。

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥21,313 (2024/05/18 19:04:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

アウトバックビヨンド

メーカー:テイルウォーク

モバイルタイプ:テレスコピック

MODELLENGTH(ft.in)PIECECLOSED LENGTH(cm)ROD WEIGHT(g)LURE WEIGHT(g)LINE WEIGHT(lb)L1(mm)L2(mm)GRIP TYPERETAIL PRICE(JPY)
S514L5.144884max 16max 10310175A27,000
S645L6’4″54998max 18max 12350215A28,000
S756L7’5″649107max 21max 12390255A28,000
S756ML7’5″649110max 25max 14390255A29,000
S8107ML8’10”750130max 28max 14400265A30,000

前述の無印「アウトバック」は、ジョイントタイプのパックロッドですが、こちらはテレスコピックとなっています。

このロッドの1番の特徴は、ガイドに「モバイルK」というテレスコピック向けにつくられたKフレームガイドを搭載していることです。このガイドは現在(2022年5月)このロッドにしか搭載されていませんし、今後他のロッドに搭載されるかも不明です。

オススメは「S8107ML」ですね。8フィート10インチというレングスながら50センチまで小さくなるという驚異のモバイル性能を誇ります。ジョイントタイプで継数を多くすると、ジョイント部のすっぽ抜けが気になるのですが、テレスコピックならそれがありません。また、ここまで小さくなるテレスコピックロッドって、多くの場合は1万円前後のエントリーモデルが多いのですが、これは中級者が使っても満足な本格仕様です。

際立つ唯一性。こういう、他にない強みが光るパックロッドっていうのは良いですよね。

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥30,590 (2024/05/18 19:04:53時点 Amazon調べ-詳細)

  

ミニマリズム リベルテ

タイプ:ジョイント

メーカー:ティクト

発売年月:2021年9月

商品名ティップTypeLength
(ft./cm)
SectionClose
(cm)
Weight
(g)
TopDia
(mm)
ButtDia
(mm)
Lure wt.
(g)
Line
(MONO)
Line
(PE)
メーカー希望
小売価格(税別)
MLS-805チューブラー8’0″(244)5pc.52.5cm981.611~21g~12lb~#0.8¥29,000

このロッドのすごいところはハイコスパにあります。

ガイドはチタンフレームSICリングを採用しています。グリップは3Aコルクを用いたコルクグリップです。

以上2点、コストが高いんですよね。パックロッドっていうのは2ピースや1ピースよりも製造工程が多く、割高になるんですけど、それでもガイドとグリップにきっちりこだわりを持って作っています。

さらにケース類もハードケースとソフトケース(竿袋)が付属します。

価格的にはそこそこしますが、対価格性能という意味でハイコストパフォーマンスなロッドとなっています。

 

ミドルハイエンド(3~4万円以上)

もうここまで来たらメインロッドとしてください。サブロッドとして年に数回の使用頻度ではもったいないです。この価格なら3年は使いたい。だからこそ、しっかりと吟味して自分に合った1本を選びたいですね。

このクラスは割引率が大きいのが特徴(特にダイワ、シマノ)。定価ベースでの分類なのでミドルハイエンドとしていますが、実売は2万円代が多いため、実質ミドルエンドのものが多いことをご了解ください。

   

ディアルーナMB

 

f:id:yfktfamille:20170210213810j:plain

メーカー:シマノ

タイプ:マルチピース

品番全長(ft.)全長(m)継ぎ方式継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径(mm)ルアーウェイト(g)適合ラインPE(号)グリップタイプリールシート位置(mm)リールシートタイプカーボン含有率(%)本体価格(円)
S706L-47’6″2.29逆並継461.61211.75-210.5-1.2セパレート343UPLOCK96.832,100円
S800L-48’0″2.44逆並継465.31301.75-210.5-1.2セパレート365UPLOCK9732,700円
S806ML-48’6″2.59逆並継469.11461.86-280.6-1.5セパレート380UPLOCK97.533,800円
S900ML-49’0″2.74逆並継472.81521.86-280.6-1.5セパレート390UPLOCK97.734,300円

シマノから今年発売のシーバスパックロッド。やっぱり大手の安心感が武器ですかね。

7フィートから9フィートまで4機種をラインナップしているけど、すべて4ピースなので少し仕舞寸法が長いです。

携帯性能にそこまでこだわりがない人にとっては、継ぎ数も少なく、それなりにコンパクトになるし、性能的にも申し分ないのでおススメです。

 

ラテオモバイル

メーカー:ダイワ

タイプ:ジョイント

品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(g)
ライン
ナイロン
(lb)
ラインPE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
86ML-42.594701251.6/12.47~358~160.6~1.59629,000
90ML-42.744731321.6/12.97~358~160.6~1.59630,500
96M-42.94781492.1/15.210~5010~200.8~2.09832,500
106M-43.24851582.1/15.210~5010~200.8~2.09834,000
110MH-43.354891932.2/15.212~6012~251.0~2.59835,500

ダイワのミドルクラス、シーバスロッドのパックロッドバージョンです。シーバスロッドなので、全体的にロングレングス&そこそこのパワーとなっています。

ブランクスは「HVF+」と「X45」、ガイドはステンレス製Kフレーム、SICリングと価格に見合った十分な装備を備えています。惜しいところは全機種4ピースなので、モバイル性能が良くないところですね。それが問題にならないのなら、優等生な良いロッドだと思います。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥24,324 (2024/05/18 19:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

7 1/2 セブンハーフ(ダイワ)

タイプ:ジョイント

機種名レングス継数モバイル
レングス
自重先径元径ルアー
重量
エギ
サイズ
ナイロン
ライン
PE
ライン
カーボン
含有量
希望価格
76MLS229cm463cm101g1.3mm10.8mm7-25g2.5-3.5号6-12lb0.6-1.0号97%38,800円
76MS229cm463cm114g1.6mm11.4mm10-30g3.0-4.0号10-20lb0.8-1.2号98%38,800円
76MHS229cm463cm123g1.8mm11.9mm15-40g3.5-4.5号12-25lb1.0-1.5号97%38,800円
76HS229cm463cm133g2mm12.4mm15-50g12-25lb1.0-2.0号98%38,800円
76MLB2.294631111.310.97-252.5-3.56-120.6-1.09738,800
76MB2.294631181.611.410-303.0-4.010-200.8-1.29638,800
76MHB2.294631251.811.715-403.5-4.512-251.0-1.59738,800
76HB2.29463135212.815-5012-251.0-2.09738,800
76XHB2.294631502.213.420-6014-251.2-2.59838,800

このロッドは7 1/2と書いて、セブンハーフと読みます。その名の通り、レングスがすべて7フィート半(6インチ)で統一され、パワーによって差別しているという珍しいラインアップです。末尾のアルファベット「S」がスピニングモデル、「B」がベイトモデルとなります。

シーバス相手にはML(ミディアムライト)以上のパワーが良いでしょう。7フィート半というレングスはどこでも使える万能レングスではありますが、器用貧乏な面もあります。レングスがばっちりハマるのは、足場の低い港湾部や運河、小規模河川、ウェーディングゲームなどが挙げられます。

パワー的に使いやすいのはMLですね。シーバスフィッシングでよく使うウェイトをカバーしています。

尖っている釣りをしたい方は、「76XHB」に「ミリオネア」などの丸形ベイトリールを組み合わせて、ウェーディングゲームでビッグベイトをぶん投げてランカーシーバスを狙う、なんていかがでしょうか。

関連記事

 

ハイエンド(4万円以上)

わたしもシーバスに関してはモアザンモバイル765MLX-5というハイエンドなパックロッドを使用しています。もうだいぶ前に型落ちになりましたが、2011年から使っているので、かれこれ10年以上使っていることになりますね。

このクラスのロッドは長く使えるのが魅力です。短所はお気に入りすぎて他のロッドを使う気になれないところですねw

ワールドシャウラドリームツアーエディション

メーカー:シマノ

タイプ:ジョイント

品番全長(ft.)全長(m)テーパー継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径(mm)ルアーウェイト(g)ジグウェイト(g)適合ラインナイロン (lb)適合ラインPE(号)グリップ長(mm)適合Ex.バットカーボン含有率(%)本体価格(円)
1602RS-56’0″1.83RS542.71171.97-28MAX 16012-22MAX 2231Type A99.482,500円
1603RS-56’0″1.83RS542.41171.910-40MAX 18014-30MAX 3243Type A9983,500円
1604RS-56’0″1.83RS542.21271.915-80MAX 24016-40MAX 4252Type B99.184,700円
1652R-56’6″1.98R546.211727-28MAX 16012-22MAX 2243Type B9983,500円
1653R-56’6″1.98R546.2127210-40MAX 18014-30MAX 3243Type B9984,700円
1703R-57’0″2.13R547.11402.110-4014-30MAX 327898.585,700円
1704R-57’0″2.13R547.11452.115-8016-40MAX 427898.686,700円
2651F-56’6″1.98F546.71121.65-15MAX 805-12MAX 1.2212Type C98.280,300円

シマノが誇る「持ち運べるワールドスペック」の二代目です。とにかく全体的に張りがあって、確かに世界の怪魚にも負けないパワーを持っていますね。

性能も最高峰なら値段も最高峰です。

シマノの歴史、いや日本のルアーフィッシングの歴史を語る上で外せない「スコーピオン」の名を冠したハイエンドパックロッドですから、所有する喜びも最上級となることでしょう。

それに村田基が監修しているあたりが、スコーピオンシリーズの全盛期を彷彿させて、ベテランアングラーは (*´Д`)ハァハァ しちゃうよね。

 

エクスセンスMB

メーカー:シマノ

タイプ:ジョイント

品番全長
(m)
継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
適合ライン
PE(号)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格
(円)
S88ML-52.64556.41271.55~320.5~1.2382※U96.859,000
S96ML-62.90653.31411.75~320.5~1.2408※U92.162,000
S96M-62.90653.31471.86~400.6~1.5408※U92.263,000

シマノのハイエンドシーバスロッド「エクスセンス」。そのモバイルモデルが「エクスセンスMB」になります。ダイワの「モアザンモバイル」もそうだけど、このレベルのパックロッドっていくつ売れるんだろうか。数が出るものではないので、本当に初期生産分だけで終わるんだろうなと勝手に想像します。

「エクスセンスMB」の素晴らしいところは、性能や装備もさることながら、5ピースあるいは6ピースにしたことでモバイル性能をグッと高めているところです。5ピースのパックロッドはけっこうありますが、6ピースは少ないです。実釣性能とモバイル性能を天秤にかけた結果の5ピースなのでしょうが、6ピースには5ピースにない利点があります。

それは、真ん中で均等に分割できるということです。

5ピースを2つに分けると2:3。6ピースを2つに分けると3:3。ランガンしているときは真ん中で分けて運ぶってことも多々ありますが、5ピースでそれをすると均等割ができないので、けっこうかさばるんですよね。その場合に限り、4ピースよりもモバイル性能が劣ります。

だから、8フィートを超えたあたりからは、6ピースにするのが良いのではないかなと最近は思っています。継ぎ目が増えれば先重りの原因になりますし、強度的にも不利になりますから、ある程度の水準のロッドでなければデメリットも目立ってしまいそうですが、「エクスセンスMB」レベルならまずそれはないでしょう。

メインで使える、10年は相棒になれる、そんなシーバスパックロッドです。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥55,614 (2024/05/18 19:04:55時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

広告
記事URLをコピーしました